瀬戸かずや2番手でトップ間近も目前だけど退団?花組の今後がきになる!

ザックス広告

明日海りおさんの退団に伴い、花組で圧倒的な存在感を放つ男役の瀬戸かずやさんが2番手に昇格するのではと言われています。

しかし、一方では瀬戸かずやさんが退団するとの噂も!?

宝塚ファンの方からは「別格スター」や「世界の彼氏」と呼ばれていて十分トップも狙える実力があることから本当に退団してしまうのか気になるところです。

この記事では瀬戸かずやさんの今後についての真相や年齢・本名、家族構成などを紹介していきます。

瀬戸かずやは2番手に昇格決定!?

明日海りおさんの退団に伴って、今まで2番手を務めてきた柚香光さんがトップスターへと昇格しました。

結果として2番手ポジションに空きができたわけですが、ここで新しい2番手の候補としてまず最初に挙げられるのが、お芝居もダンスも上手な水美舞斗さんです。

水美舞斗さんについて詳しく知りたい!こちらをクリック!

しかし今回トップに昇格した柚香光さんとは同期であるため、このタイミングで2番手に昇格するとは考えにくいです。

他にも永久輝せあさんの2番手もありえますが、組替え直後ということで今すぐにということはなさそうです。

そこで2番手最有力候補として挙がるのが現在別格スターの瀬戸かずやさんです。その根拠となっているのが、宝塚スターカレンダー2020年版。

実はこのカレンダー、毎年トップスターおよび2番手、トップスター娘役と轟悠さん以外は掲載されていないのですが、瀬戸かずやさんが掲載されたのです。

つまり、このカレンダーが瀬戸かずやさん2番手昇格を裏付けているといえますよね。

瀬戸かずやの相手役は誰?

さて、次回公演の気になる相手役ヒロインですが、上級生の娘役進退が決定したばかりで、選択肢があまりない状況です。

候補を挙げるならば、音くり寿さんか華雅りりかさん、春妃うららさんあたりが抜てきされるのではと予想していましたが、なんと雪組から花組へと舞い戻った朝月希和さんに決定しました。

朝月希和さんは96期生として入団し月組公演で初舞台を飾り、花組へと配属されました。

その後約7年間花組で活躍した後、雪組へと異動になりました。

雪組である程度大きな役も与えられるようになってきたところで、今度は古巣の花組へと舞い戻ってきたのです。

男役をいつでもキリッとこなす瀬戸かずやさんと雪組で経験を積んだ朝月希和さんがどんな演技を見せてくれるのか今から楽しみですね!!

二人とも大人の魅力満点で実力も兼ね備えているため、とても期待が高まります。

瀬戸かずやが東上初主演!

まずは、瀬戸かずやさん東上初主演おめでとうございます!

今回は瀬戸かずやさんが主演を務めるのは東野圭吾さん原作のマスカレード・ホテルです。

2019年1月に木村拓哉さん主演で映画化したことが記憶に新しいですね。

ミステリー作品でネタバレになってしまうためここで詳しく語ることができませんが、、、スーツが似合う男役の瀬戸かずやさんにぴったりの作品です。

ただ、このタイミングでの東上主演が何を意味するのか疑問に残ります。

今までの東上主演は将来有望なトップ候補が務めてきたのですが、どうやら最近は東上主演の意味合いが少し変わってきているようです。

瀬戸かずや東上主演だけど東上の意味に変化が?

東上公演での主演には古くから、劇団側が力を入れてトップに育てようとする人が選ばれてきました。

登竜門と言われるだけのことはありますよね。

しかし最近では登竜門という形の東上主演ではなく別の意味合いがあるのでは…と感じてしまうような人選がされているのです。

実は、2020年2月に月組の鳳月杏さんの東上主演「出島小宇宙戦争」が決まっているのですが、瀬戸かずやさん・鳳月杏さんよりも下級生がトップスターになっているという事実があります。

すでに下級生がトップスターで輝いているため今後、瀬戸かずやさん・鳳月杏さんがトップスターへと昇格するとは考えにくいのです。

お二人(瀬戸かずやさん・鳳月杏さん)のこれまでの功績を見れば、番手に関係なく、組を支える重要な別格ポジションで活躍していることは明らかです。

そんな別格ポジションのお二人が揃って2020年に東上公演での主演をされるということは、限りなく2番手に近いポジションにするために東上主演をすることで格差をつける意味があると考えられます。

別格ポジション⇨限りなく2番手に近いポジションということで、少しややこしいと感じられますが、そういったややこしさも宝塚ならではですよね。

いつ頃から意味合いが変わってきたかというと、2018年「蘭陵王-美しすぎる武将-」あたりから東上主演の意味合いが変わってきたように感じます。

瀬戸かずや退団の噂の真相は?

瀬戸かずやさんが退団するという噂についての真相ですが、先述の東上公演主演が実は2番手ポジションへの変更という意味合いではなく、餞別なのではとも言われています。

たしかに瀬戸かずやさんで調べると「退団」というワードが出てきますが、花組2番手がほぼほぼ決定しているこの状況で退団ということはないと思います。

恐らく東上公演主演は餞別=退団という噂が独り歩きしてしまったのでしょう。

万が一退団するにしても、瀬戸かずやさんは宝塚スターカレンダーの10月に掲載されているので、今までの傾向からしてどんなに早くても2020年10月までの退団はないと思われます。

個人的には、退団ではなく2番手から再び別格ポジションに戻るか、専科への異動を望んでいます!

いずれにしても2番手ポジション昇格後の活躍が楽しみですね。

瀬戸かずやはトップになれるのか?

今後、瀬戸かずやさんがトップスターになるのは難しいと思われます・・・。

なぜなら、自分よりも下級生が先にトップスターになっているという現実があるからです。

トップスターになれなければ、2番手ポジションから再び別格ポジションへ…ということもありえるでしょうが、どちらかというと退団という流れのほうが自然です。

しかし、このまま退団してしまうというのも非常にもったいないような気がします!

瀬戸かずやさんのダンディでキリッとした男役芸は他の誰にも真似できません。

できれば専科へ異動し、持前の指導力と経験を活かして是非ともその技術を後輩達へと継承していってもらえたらなと思います。

宝塚の人事のことは全くわからないので何とも言えませんが瀬戸かずやさん本人はもちろん、私たちも納得のいく形になることを望んでいます。

瀬戸かずやの年齢や本名は?

瀬戸かずやさんは昭和59年12月17日生まれの34歳。

高校3年生に上がる歳で宝塚音楽学校に入学し、2年間過ごした後、宝塚歌劇団90期生として入団しました。

90期生と言えば、元月組の蒼乃夕妃さんや宇月颯さん、元雪組の愛原実花さんなどの、いずれも実力のある方が多い世代ですよね!

90期生の中でも特にファンが多い瀬戸かずやさん。

本名が気になるあなたのために調べてみたのですが、なんと本名は「唐木裕美」さんでした!

「あきら」の愛称で親しまれているので、てっきり本名と関係あると思っていたのですが・・・関係がないという結果でした。

ちなみに「瀬戸かずや」さんの名前はずっと憧れていた上級生の「瀬奈じゅん」さんから「瀬」の一文字をもらってつけたことが由来です。

このように憧れの人や尊敬する人の名前から1字とって芸名を決めることが宝塚ではよくあるそうです。

瀬戸かずやの実家や父母、兄弟は?

瀬戸かずやさんは、とても人気の高いことからご実家や家族構成が気になる方が多いと思います。

調べてみた結果、ご実家の詳しい情報はでてきませんでしたが、出身地は東京都江戸川区であることが判明しました。

高校は神田女学園高等学校を卒業しており、高校卒業後すぐに宝塚音楽学校へ入学したそうです。

家族構成については4歳年下の双子の弟がいることがわかりました。

長女として弟2人に対する面倒見はとても良かったみたいです。

こんなかっこいいお姉さんをもっている弟さんがうらやましいですよね。

また、お母様は宝塚のファンで瀬戸かずやさんが子どものころよく観劇に誘われていたそうです。

その時は興味を持たなかったそうですが、今こうして宝塚で活躍していることを考えると人生本当に何があるかわかりませんね。

まとめ

ここまで瀬戸かずやさんの今後について考えてきました。

簡単にまとめますと、宝塚スターカレンダーにも登場していることから、瀬戸かずやさんの2番手ポジションはほとんど確定している状態です。

この状況で退団の可能性は低く、東上主演は別格ポジションから2番手ポジションへの変更という意味合いが強いのだとわかりました。

しかし、自分よりも下級生がすでにトップスターになってしまったことから今後瀬戸かずやさんがトップへ昇格するとは考えにくいです。。。

将来的には退団することになってしまうのでしょうが、まだ専科への異動の可能性も残されています。

いずれにしてもすぐに退団や異動ということにはならないので、しばらくは花組2番手としての瀬戸かずやさんの活躍に期待しましょう〜!!

スポンサーリンク
fam8本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする