【クレー射撃】入門編:免許に必要な費用や銃・弾の値段について!

クレー射撃はオリンピック種目の一つですが、実際どんな競技なのかや、費用面で手軽に始められるのか気になりますよね!

銃を使う為、免許が必要そうですね〜。と思って調べてみたら、やはり免許が必要とのこと!!

今回はクレー射撃の入門編として、クレー射撃を始めるにあたり免許にかかる費用や銃や弾の購入にかかる費用などについてまとめました!

【クレー射撃】五輪種目:どんな競技なの?

クレー射撃という種目は「射撃」という種目の中の一つの競技です。

「水泳」という種目の一つの平泳ぎ、というイメージをしていただければOKですよ^^

2020年東京オリンピックでは陸上自衛隊朝霞訓練場で「射撃」が行われることが決定されております!

銃を使っての競技のため、強靭な肉体や体力が必要ではありませんが、高い集中力が必要とされるため、メンタルの強さが問われるスポーツだと言われています。

最近では、炎の体育会TVで取り上げられ、加藤浩次さんやヒロミさんもクレー射撃を行っていることから知名度も上がりましたよね!!

射撃自体、日本ではあまり有名ではなく、マイナーなスポーツというイメージがあると思います。

しかし、世界へ目を向けると、ライフル射撃・クレー射撃ともに人気の競技なのです!

クレー射撃という競技について

簡単に言いますと、飛んでいるクレーというお皿のような標的を銃(散弾銃)で撃ち落とす競技です。

クレー射撃にも種類があり、オリンピックで行われる競技は

  • トラップ(男子・女子・混合)
  • スキート(男子・女子)

の2種類です。

この他には

  • フィールド
  • ラビット

というものもございます。

トラップとスキートの違いは?

トラップ・・・1つの装置から遠くにクレーが飛び去る

スキート・・・左右の装置からクレーが放出される

クレー(皿状の標的)の飛び方に違いがあるんですね!

スキートは1ラウンドでクレー(皿)が左右から25枚射出されるので、それを撃ち抜く競技です。

【クレー射撃】免許が必要?費用や取得方法は?

クレー射撃、散弾銃を使用するため、免許が必要なんです。

順にまとめていきますね。

免許所得までに色々と申請が必要だったりするのですが、まずはお金の面からいきましょう。

クレー射撃に必要な免許所得にかかる費用は?

ざっと計算すると約7〜8万円ほどかかります。

銃を所持するための免許にかかる費用内訳は以下の通りです。

  • 初心者講習申請・・・・・¥6,800
  • 初心者教習射撃申請・・・¥8,900
  • 火薬譲受申請・・・・・・¥2,400
  • 初心者教習射撃・・・・・¥37,000
  • 新規許可申請・・・・・・¥10,500
  • 精神科医からの診断書・・¥3,000
  • 身分証明書等所得・・・・¥2,000

75歳以上の方は認知機能検査の受検が別途必要となっています。

保管状況や使用用途などを疎明する書類等が必要になる場合もあります。

クレー射撃に必要な免許所得の流れ

警察署(公安委員会)の許可をもらって、クレー射撃を楽しみましょう!!^^

〜銃免許所得の流れ〜

■警察署で申し込み

■初心者講習(筆記テスト)

■射撃教習申請

■射撃教習(実技テスト)

■銃の所持申請

■銃所持

クレー射撃は散弾銃を使用するので、上記の流れになりますが、空気銃の申請ですと実技テストが不要となるので、より気軽に始められるんですよね!

合格テキスト発見しました!なくなる前にどうぞ!⇨クリック

【クレー射撃】銃購入にかかる費用は?新品や中古まで

銃の所持ができるところまでやってきました!!

自分の銃を購入して、たくさん練習したいですよね!

銃にももちろん色々あるのですが、、新品では20万円ほどかかります。

そんなに出せないよ。。というあなた!

ご安心ください^^

中古の銃も出回っておりますので、中古ですと5万円〜あるんです!

メーカー、銃種、使用頻度、年代によって値段は様々ですが、気にいる物が安く手に入るのは嬉しいですよね!^^

しかし、、銃を手に入れて喜んではいけません。

銃を撃つには弾が必要なんですよ〜!!

【クレー射撃】弾の費用はいくら?

1発30〜40円くらいが相場となってますね!

1回の練習で何発も打ちますので100発打ったら3000〜4000円といったところでしょうか。

射撃場によっては弾を売っているところもあるようです!

【クレー射撃】免許・銃・弾が揃った!練習にかかる費用は?

練習をするには射撃場の利用が必要となります。

射撃場の利用料金も射撃場によってまちまちなのですが・・・

大阪にある大阪総合射撃場の利用料金が判明しました!!

利用料金
1ラウンド¥975(メンバー)〜¥1,400(一般)、¥1,250(大会料金)、入場料¥525(保険料含む)

静岡県富士市にも大きな射撃場があるのですが、料金までは記載がなかったので乗せることができませんでした。。。

また、銃と弾があればいいわけでもなく、ちょっとした装備品が必要なので、まとめますね!!

クレー射撃に必要な装備まとめ

  • 射撃用ベスト
  • 耳栓
  • 帽子
  • サングラス
  • 弾を入れる小さめバッグ
  • クリーニングキット
  • ガンオイル

この辺りが持っているとベストでしょうね!!

サンダルやヒールなどはNG!とにかく動きやすい服装を心がけてくださいね。

耳栓はヘッドフォンタイプでもOKですよ。射撃場では必須アイテムとなるので、必ず用意しましょう。

射撃を楽しむ一方で難聴になってしまってはいけませんからね。。

サングラスはターゲットが見やすくなったり目を守ることができる安全面からも使用をオススメします!^^

サングラスはスミス&ウエッソンがおすすめ!こちらから確認できます♪

【クレー射撃】始めるにあたってかかる費用まとめ!

免許=所持許可にあたり約7〜8万円かかります。

銃を購入するにあたり、新品は20万円〜、中古ですと安くて5万円〜(あまり安すぎると心配なのでお店の方とよく相談しましょう!!)

弾購入や射撃場利用で1回の練習で1万円程度見ておくといいでしょう。

国体に出ている選手などの第一線でクレー射撃をやられている方は、その分練習量も多いです。

クレー射撃は練習すればするほど、お金がかかるという選手泣かせのスポーツ。笑

1ラウンドが25発ですので、年間2000ラウンド練習をすると、50000発の玉が必要になります。

仮に、一発40円だったとすると、それだけで200万円。。。

そこにラウンド料などもかかってきます。

趣味で始める程度であれば年間に2000ラウンドも回ることはまずないので、ご安心ください。

25発×5ラウンド=125発×40円=5000円

プラス上記で説明した、とある射撃場の利用料金を足しましょう。

1ラウンド¥975(メンバー)〜¥1,400(一般)、¥1,250(大会料金)、入場料¥525(保険料含む)

525(入場料)+975円×5ラウンド(メンバー価格)=5400円

5400円+5000円=10400円

1回5ラウンド練習すると約1万円かかることがわかります。

これを高いと思うか、安いと思うかは人それぞれですが、初めてみたいな。と思うあなたおお役に立ったら幸いです^^

【クレー射撃】ライフル射撃はさらに手軽にできますよ

意外と初期費用がかかってしまう・・・と思いがちなクレー射撃ですが、一度揃えてしまえばあとは利用料のみで楽しめますね^^

ただ、もっと気軽に、手軽に始めたいよ!ということであれば、ライフル射撃がオススメ!

都内には装薬銃の射撃場はないのですが、エアライフルやエアピストルの射撃場がとっても充実しているんです^^

ビーム銃やデジタル銃のレンタルもしているので、誰でも気軽に射撃を楽しめる環境がありますよ〜!!

都内にお住いの方は自分の家の近所に射撃場があるかもしれませんね!!

今回はオリンピック種目「射撃」の中の一つ、クレー射撃についてご紹介しました!!

読んでいただき、ありがとうございました〜!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする