大林組ゼネコン現場停止になる?緊急事態宣言コロナ対策の影響は!

ザックス広告
大林組ゼネコン現場停止になる?緊急事態宣言コロナ対策の影響は!

大手ゼネコンの清水建設と西松建設が7都府県の現場停止で工事が中止すると発表されています。

日本のスーパーゼネコン大林組は新型コロナ対策や対応でどうなるのでしょうか?

緊急事態宣言発出エリアの現場停止にするのでしょうか?

また建設業が及ぼす他業種トラック業界などへの影響についても調査しました!

清水建設と西松建設は緊急事態宣言の7都府県で現場停止

西松建設は4/12に、清水建設は4/13にそれぞれ緊急事態宣言の基づく新型コロナウイルスの感染拡大防止のために工事中止や現場の閉所などの対策や対応策を発表しました。

これにはネット上でも様々な声が上がっており「西松建設」「清水建設」がトレンド入りする事態となっています。

実は西松建設はゼネコンの中では11位と最大大手という訳ではありません。

しかし建設業、ゼネコンの中で一番最初に舵を切ったことで話題を集めました。

そしてそれに続くように清水建設の新型コロナウイルス観戦拡大防止の対応策の発表がされました。

大林組はコロナ対策で7都府県で現場停止になるのか?

そこで気になるのは最大大手と言われる、大林ぐみが今後どういう対策をとるのかが注目を集めるのではないでしょうか。

西松建設や清水建設に続き、他のゼネコンについての情報を見つけました。

よく見ると大林組は続行という文字が。

大林組のHPに記載がありました!

原則として現場は止めない

作業員を含めた時差出勤や朝礼・休憩の分散で3密対策

緊急事態宣言に保障の記載がなくネットでは批判の声も

緊急事態宣言で問題となってニュースでも連日討論・議論されているのが自粛と保障はセットではないのか?という問題です。

もちろん、ネット上でも様々な声が上がっています。

緊急事態宣言が出ていても、テレワークが無理な業種はもちろんあります。

働かないといけない業種もあります。

働いてもお金が生まれない業種もあります。

働くために移動する人もいます。

国民は感染拡大防止を願う気持ち、働かないといけないと言う思いとで混乱しています…。

厚生労働省からのツイートをあったので、参考に載せておきます!

建設業へのコロナの影響により他業種への影響の不安の声も

建設業・大手ゼネコンの現場が止まることで影響の出てくる業種がいくつかあります。

下請けや孫請けなどと言う言葉もあり、一つの建物を完成させるためには数多くの業種が関係していることがわかります。

大林組ゼネコン現場停止になる?緊急事態宣言コロナ対策の影響は!まとめ

今のところ、大林組は緊急事態宣言が発出されている7都府県の現場工事を中止させ現場停止させるという発表は4/13時点ではされておりません。

スポンサーリンク
fam8本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする