水美舞斗の組替えで今後は?年齢や実家について!

ザックス広告

水美舞斗さんは組替えにより花組での活躍が今後どうなっていくのでしょうか?

ダンスも歌も演技もどれを取っても素晴らしい実力の持ち主である水美舞斗さん。

永久輝せあさんとの相性はどうなるのでしょうか?

また、柚香光さんがなんと2番手からトップになるかも!?という状況で水美舞斗さんトップになる可能性はなくなってしまうのでしょうか・・・。

また、水美舞斗さんの年齢実家についても気になりますよね。

今後の活躍が期待される水美舞斗さんに迫ってみました!!

水美舞斗は花組で今後どうなる!?組替えは

大量組替えが宝塚より発表されましたが、水美舞斗さんの名前は有りませんでしたね。

以前から花組公演の「花より男子」の配役に名前が載っていないこと花組ショーケース「Dream On!」に”特別出演”することから、もしかしたら組替え・・・?と囁かれていたのです。

水美舞斗さんご自身の組替えはありませんでしたが、組替えにより花組のメンバーが変わってくるんですね。

花組を綺城 ひか理さんが2019年11月25日付で星組へ組替えとなり、雪組から新たに、朝月 希和さんと永久輝せあさんが2019年11月11日付で花組へ来ることになりました。

永久輝せあさんが花組へ組替えしてきても、水美舞斗さんは今後も変わらず実力派として柚香光さんを支えるスターとして活躍してくれそうです!

また、ダンスに定評のある花組ですが永久輝せあさんが加わることでより、「ダンスの花組」の力が増すことも予想されます!

しかし花組トップスターの明日海りおさんが卒業し、次期トップは柚香光さんと噂されているので、水美舞斗さんや瀬戸かずやさんのポジションがどうなるのかが気になります。

次期トップと言われている柚香光さんと水美舞斗さんは中卒で宝塚の道へ進むことを決意した、同期です。

そんな二人なのですが、いつもスポットライトを浴びるのは柚香光さんという現実…。

しかし、実力があるのは成績から見ても水美舞斗さんに間違い無いのです!

でも実力と人気は比例すると一概に言えなくて…

入団時は3番と片手に入る好成績の水美舞斗さん。

柚香光さんはなんと20番。両手合わせても足りませんが、それでも人気が出てしまうのは水美舞斗さんのファンはもやっとしているでしょう。

水美舞斗はトップになれるか!スター制度について

上記でもお伝えしたように、宝塚には「スター制度」というものがあります。

スターというのは私の中では「誰からも愛される人物」だという認識でいるのですが、調べてみると「スター性」「オーラ」「華やかさ」「運」「時期・タイミング」など、様々な要素が絡み合っていることがわかりました。

「運も実力のうち」という言葉がまさに物語っています。

いくら実力があっても、その実力をパッと生かして華やかな宝塚の舞台に色を載せたり、観客の心を鷲掴みにする演技ができるかどうかがスターになるためには必要になってきます。

その辺りが水美舞斗さんにとってまだ伸び代があり、そのためトップになることがまだかなっていないのでは無いでしょうか。

実力はあるので、うまく自分を魅せられるように取り組んでいることでしょう。

水美舞斗は現在まさかの3番手?

同期の柚香光さんがトップスターに就任することがわかり、マイティこと水美舞斗さんは2番手・・・と思っていた矢先、まさかの3番手という衝撃のニュースが飛び込んできました。

なんと2番手は瀬尾ゆりあさん。

このニュースに宝塚ファンの中では一大事件!と言わんばかりに衝撃が走り話題となっていました。

もうトップになることは難しいのでしょうか・・・

水美舞斗はトップへの道は閉ざされた?

3番手になってしまった水美舞斗さん。

しかし同期である、柚香光さんがもし仮に超!短期退団ということになってしまったら、同期としてトップを引き継ぐというシナリオが生まれるのでは?と予想している方がいらっしゃいました!

確かに同期にトップの座を渡すというのはありえそうな気がしますよね。

さらには水美舞斗さんは宝塚コドモアテネ出身なので、、、、何としてもトップスターになってほしい!という私たちファンの思いが強いですね。

現在27歳で宝塚で演技をする上ではいい感じに熟してきた年頃です。

普段から体づくりもしっかりされているので、まだまだ5年は期待できます。

きっとその間にトップスターという肩書きを手にしてくれると思います!

水美舞斗「れいまいコンビ」組替え反対

柚香光さんがトップ、水美舞斗さんが2番手となるとこの二人は95期生で同期!

花組の同期コンビ「れいまい」として実は人気なんです♡

トップスターと2番手の関係って、お芝居の中では親友だったり、はたまたライバルや天敵などの対比する役だったり・・・

実は絡みがとっても多いので同期コンビがお芝居で絡んでいるのを見れるのはファンにとってはとても嬉しいこと♡

同期って仕事でも言えると思いますが、苦労を共にしてきた仲なので息がぴったりなんですよね^^

なので組替えは反対ですよ〜〜!

宝塚の人事の方、お願いしますよ><

水美舞斗さん、これからの活躍に期待です!

今後も実力を発揮して輝いて欲しいですね^^

そんな水美舞斗さんの本名などなど、調べてみましたよ!

↓↓

水美舞斗の本名や年齢は?

水美舞斗さんのお名前を初めて拝見した時、私の宝塚あるあるなんですが読めなかったんですよね・・・笑

水美(みなみ)舞斗(まいと)さんと読むのですが、水と美しいという漢字使うところが、素敵だなと思いました。

水って光にあたるとキラリと光るじゃないですか!?

もしかしたら、ステージのライトに照らされて美しく輝くスターになりたい!という思いもあったのかな~?と考えちゃいました。

そんな水美舞斗さんの本名ですが、音楽学校時代の情報から「青木 美奈実」さんということが判明!!

お名前の「美奈実」を「水美」にしたのでしょうねー!!!

更に調べると、好きな色が何と水色だそうで、それもあってと言う漢字を使ったのでしょうね!

年齢についてですが、宝塚の方たちは年齢が公表されていないので、出身校や入団の時期から計算をしてみましたよ!

水美舞斗さんは、2007年4月に宝塚音楽学校に入学しているので、2007年4月の時点で15歳ということは、誕生日が6月と言う事も考慮して計算をしますと、なんと、1991年(平成3年)生まれという事になりますね!

※1992年という記事もございましたが、その計算ですと2007年に15歳(中3の学年)になってしまうので1年ずれてしまうため、1991年生まれとなります。

水美舞斗さん自身について分かってきたので、ご家族についても調べちゃいましたよ!!

↓↓

水美舞斗の実家や家族も要チェック!

水美舞斗さんには妹さんがいらっしゃると、以前CSタカラヅカスカイステージの番組内でご本人がお話しされていたので、これは確実ですよね!!

水美舞斗さんのご両親や実家に関しての情報は見当たりませんでしたが、宝塚の道へ進むにはやはり家族の協力あってのものだと思うので、きっとお金持ちか、一生懸命働いてお金を用意して下さったんでしょうね・・・。

愛犬を飼っているようですね♪

チワワ?ラブラドール?どんな犬なのか気になるところです❤

水美舞斗には魅力がいっぱい・・・♡

水美舞斗さんはダンス、歌唱力、演技、どれをとっても素晴らしいんですよね!!

そんな水美舞斗さんの魅力に迫ってみましょう!!

水美舞斗の魅力その1*ダンス

なんでもできるオールマイティーと言われる水美舞斗さんですが、その中でも踊りが特に得意だとか。

入団時成績も3番で実力もしっかりもっているんですよね。

持ち前の筋肉を生かしたダイナミックなダンスに定評があり、「Sante!!」では女役を務め、ダンスに加え、筋肉美な体も披露しています。

腹筋がチラリ★ 全身鍛えているんでしょうね、腕からも伝わってきます。

なんと自分の筋力で起き上がる振りがあったそうで・・・。

見たかったです!無念!

入団10年目ながらラインダンスを

水美舞斗の魅力その2*歌唱力

ダンスだけじゃないんです!歌唱力もばっちりな水美舞斗さん。

「BEAUTIFUL GARDEN -百花繚乱-」の水美舞斗さんの歌声が絶賛だと話題です!

高いジャンプをするシーンがあるんですが、ジャンプをしながらも安定した声で歌っていて、感動された方もいたようです。

水美舞斗のお茶会エピソード

タカラジェンヌが公演ごとに開催する「お茶会」ですが、お茶会に参加したことで改めて水美舞斗さんが素敵!かっこいい!かわいい!!と思われる方が多いようです!

普段、男役を演じていて「かっこいい」水美舞斗さんですが、お茶会ではそんな水美舞斗さんのかわいらしい一面が見れるんでしょうね!

うらやましいーー!!!

水美舞斗の舞台略歴

2009年4月:宙組公演「薔薇に降る雨」「Amour それは…」*初舞台公演
花組に配属
2009年9月:「外伝 ベルサイユのばら〜アンドレ編〜/EXCITER!」
2010年1月:「BUND/NEON 上海 ―深緋の嘆きの河―」
2010年3月:「虞美人 ―新たなる伝説―」
2010年7月:「麗しのサブリナ」/「EXICITER!!」
2011年2月:「愛のプレリュード」/「Le Paradis!! – 聖なる時間(とき)–」
2011年6月:「ファントム」
2013年2月:「オーシャンズ11」
2013年12月:「New Wave! -花-」
2014年2月:「ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛-」
2014年8月:「エリザベート-愛と死の輪舞-」
2015年3月:「カリスタの海に抱かれて」新人公演初主演
2015年7月:「スターダム」
2015年10月:「新源氏物語」/ 「Melodia -熱く美しき旋律」
2016年4月:「ME AND MY GIRL」
2017年7月:宝塚歌劇団年度賞において、2016年度新人賞を受賞。
2017年6月:「邪馬台国の風/Santé!!~最高級ワインをあなたに~」
2017年10月:「はいからさんが通る」
2018年1月:「ポーの一族」
2018年5月:宝塚バウホール公演「Senhor CRUZEIRO(セニョール クルゼイロ)」*バウ初主演

水美舞斗の幼少期~入団まで

水美舞斗さん、なんと3歳からバレエを習っていたそうです。

そしてコドモアテネにも入団していたんです。

着実にタカラジェンヌへの道を歩んできたんですね。

お婆様が宝塚ファンだったのでしょうね!

水美舞斗のプロフィール

名前:水美 舞斗(みなみ まいと)

生年月日:1991年6月28日

出身地:大阪府寝屋川市

身長:170cm

スポンサーリンク
fam8本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする