佐藤美弥は高校時代から汗がヤバイ!?私服はかわいいか画像調査!

ザックス広告

高校時代から高身長セッターで活躍し、女子バレーボール日本代表選手の中でもかわいいと評判の佐藤美弥選手ですが、試合中にかく大量の汗で話題となっています。

また、ユニフォーム姿だけでなく、私服がとってもかわいいという噂もあります。

今回は、佐藤美弥選手の中学高校時代からのバレー経歴をおさらいしながら、試合中の汗量、かわいいと言われる私服などについて調査してみたいと思います!

佐藤美弥の中学高校時代は?バレー経歴も

佐藤美弥選手は、友達に誘われたのをきっかけに、小学4年生でバレーボールを始めます。

最初はレシーバーとしてプレーしていましたが、苦手意識があったことや身長が伸びてきたことにより小学6年生でセッターに転向します。

中学時代には身長が170センチを超えて、セッターとしてメキメキと実力をつけていき、卒業後はバレーボールの強豪校である秋田県聖霊女子短大付属高校に進みます。

高校時代は、同級生で後にロンドンオリンピックで銅メダル獲得にも貢献する江畑幸子選手らとともにインターハイや春高バレーで大活躍をします。

大学はインカレなどでも優勝し、多くのVリーグ選手や日本代表選手輩出している強豪校、嘉悦大学に進みます。

2010年には日本代表メンバーに初めて選ばれ、多くの注目を集めました。

そして2011年に、当時2部であった日立リヴァーレに入団し、チームのプレミアリーグ昇格に大きく貢献しました。

2015~16年のVプレミアリーグでは、司令塔として活躍し、チーム歴代最高順位を獲得、敢闘賞とベスト6賞を受賞しました。

所属チームとしては、順調に実力を発揮している佐藤美弥選手ですが、日本代表選手としては、リオ五輪最終予選エントリーメンバーに選ばれたものの、最終的には出場することはできませんでした。

しかしその後、中田久美監督が全日本女子の監督に就任すると、日本代表メンバーに呼ばれる機会が多くなり、東京オリンピックの正セッターとしての起用されるのでは、と注目を集めています。

佐藤美弥の汗がやばい!?

スポーツ選手ならば汗をかくものは当然なのですが、佐藤美弥選手は人一倍の汗っかきであることをテレビの番組で語っていました。

どれほどのレベルなのかというと、レシーブをする際に、佐藤美弥選手の体から落ちた大量の汗で、他の選手がコート上で転倒してしまうほどその量はハンパない、とのことです。

そのため、コートの汗拭きには他メンバーも協力してくれるのですが、あまりの量にクレームが出るほどだそうです。

他の選手に比べて、佐藤美弥選手の基礎代謝が非常に高いということでしょうか?

女性なら、汗っかきであることは隠したがると思うので、番組で笑い話にしてくれるところにも、佐藤美弥選手の人柄の良さがうかがえますが、高くジャンプする際など非常に危険などで、これからもコートの汗拭きは皆で協力して行ってほしいですね!

佐藤美弥の私服がかわいいか調査!

佐藤美弥選手をネットで検索すると、「私服がかわいい?ダサい?」とのキーワードが出てきます。

実際の私服はどのような感じなのでしょうか?

佐藤美弥選手の私服画像はたくさんありますが、「ダサい」や「かわいい」というよりは「シンプル」といった表現がしっくりきます。

派手な柄や露出があるような服装はほとんどありません。

同じチームに所属していた栗原恵選手と映っている写真もありますが、栗原恵選手が女性らしいかわいい服装をしているのに対し、佐藤美弥選手はTシャツに短パンと非常に動きやすいスタイルをしています。

しかし、その他の画像を見てみると、オフの時にはマニキュアをつけたり、派手ではないですがアクセサリーや腕時計を身に付けていたりと自分なりのオシャレを楽しんでいるようにみえるので、決して私服のセンスが「ダサい」ということはないと思います。

また、おどけた表情や笑顔、変顔の画像もあり、服装は別にしてもかわいくてお茶目で多くのバレーボールファンをとりこにしてしまうことがわかります。

佐藤美弥に熱愛彼氏いる?

佐藤美弥選手は、スポーツ選手のなかでも美人であることで有名です。

ユニフォーム姿も華やかで、まさに秋田美人といった感じですが、現在までにお付き合いしている彼氏はいらっしゃるのでしょうか?

佐藤美弥選手がいた高校は女子高である上にバレー三昧の生活を送っていたことから、おそらく高校時代に彼氏は作れなかったと想像できます。

また、やはり大学時代もバレーボール漬けの毎日であり、3年生の頃には日立リヴァーレ入団が内定していて国内・海外合宿に忙しく、高校時代以上に彼氏を作る時間がなかったのではないかと思われます。

プロ入団後から現在までも調査しましたが、これまでのところ、彼氏がいるといった情報は一切出ていませんでした。

やはり、日本代表にも選出されていますし、練習や遠征でなかなか恋愛にさける時間を作るのは難しいのでしょうか?

女子バレー選手は高身長なので交際・結婚相手も同じくスポーツ選手という場合が多いですが、もしかしたら東京オリンピック後にそういったお相手の情報も出てくるかもしれませんね。

ちなみに、好みの男性のタイプは「よく笑う人、良く笑わせてくれる人」だそうです。

芸能人で言うと、なんとみやぞんさん!!

厳しいスポーツの世界で生きているので、クールなイケメンより面白くていつも笑顔で癒されるタイプの男性が理想なんでしょうね。

佐藤美弥の家族は?兄弟はいるの?

佐藤美弥選手のご両親ついての情報を調査した結果、明確な情報はありませんでした。

著名なスポーツ選手の場合、ご両親も同じスポーツをやっていた、というパターンが多いのですが、佐藤美弥選手の場合、小学4年生で友人の誘いを受けてバレーを始めたと言っていたので、ご両親はバレーには全く関わっていなかった可能性があります。

しかし、佐藤美弥選手は以前にグラチャンバレー日本代表のアンケートで、「あなたの宝物は?」の質問に「家族」と答え、「尊敬する人物は?」の質問に「両親」と答えていました。

ご両親ともバレーにはまってどんどん成長していく我が子の一番の理解者となり、中学高校時代から日本代表となる今日までずっと応援してきたことがうかがえます。

また、ご兄弟についても調べたところ、そちらの情報も一切出てきませんでした。

仮にご兄弟がいらっしゃるとすれば、佐藤美弥選手の影響でバレーボールをやっている可能性もあると思われますが、そのような情報もありませんでした。

現在のところ、一人っ子であるか、特にスポーツなどをやっていないご兄弟がいる可能性がありますが、現状は明らかになっていません。

佐藤美弥の諸事情って!?怪我が関係?

佐藤美弥選手をネットで検索すると「諸事情」というキーワードも出てくることがわかります。

これにはどのような意味があるのか調査してみました。

佐藤美弥選手は、2019年1月13日に行われた日立リヴァーレ対上尾メディックスを欠場したのですが、その日会場内では「佐藤美弥選手は諸事情により欠席します」とのアナウンスが流れました。

選手が怪我や体調不良で欠場する際には、通常その理由は明確に説明されるので、この「諸事象」に関して、ファンの間で様々な憶測が飛び交いました。

インフルエンザ、身内の不幸、他チームへの移籍、さらには妊娠説まで浮上するに至りましたが、翌週にはチームに復帰していたので、とりあえず大きな騒ぎにはならず落ち着いたようです。

公式発表はありませんでしたが、佐藤美弥選手は、2018年に右肩を負傷しており、その右肩の脱臼による怪我という見方がされています。

その後の試合でも、たびたび右肩にテーピングをしている姿も見られます。

肩の脱臼は繰り返すことが多く、場合によっては手術が必要となるケースもあります。

休む時はしっかりと休んで、今後もチームの主軸として頑張ってほしいですね。

佐藤美弥の今後!プレースタイルは?

大学卒業後、日立リヴァーレに入団した佐藤美弥選手でしたが、最初はトスワークが思うように上手くいかず、非常に苦労したそうです。

しかし、努力を惜しまない持ち前の精神で猛練習を重ね、見事に弱点を克服します!

監督が掲げる「超高速バレー」に適用し、シーズン二年目から、不動の司令塔としての才能が開花していきました。

また、セッターのサーブ効果率においても佐藤美弥選手は大きな注目を集めました。

Vプレミアリーグ2016年~17年シーズンにおいて、佐藤美弥選手は12.8%で第1位です。

2位は岡山シーガルズの宮下遥選手の11.3%となっています。

佐藤美弥選手のサーブがどれほど得点に結びついているのかが良くわかる数字ですね。

さらに、佐藤美弥選手と言えば、レシーバーが取りにくくなるよう、ボールが微妙に変化しながら落ちていく、独特のジャンプフローターサーブでも有名です。

今後もこれらの佐藤美弥選手独自のプレースタイルで、絶対的セッターとしての活躍に注目が集まります。

佐藤美弥は高校時代から汗がヤバイ!?私服はかわいいか画像調査!まとめ

以上、佐藤美弥選手のバレーボール経歴、試合中の大量の汗、かわいいと言われる私服センスなどについての情報をまとめてみました。

佐藤美弥選手は、中学高校時代から日本代表となった現在まで常に努力を惜しまず成長を続けており、コート内外のかわいらしく勇ましい姿でたくさんのバレーボールファンに愛されています。

オリンピックに向けて今後もより一層、その活躍から目が離せませんね!

スポンサーリンク
fam8本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする