中田久美監督の若い頃の画像は?モデル経験ありの経歴に迫る!

現在、バレーボールの女子日本代表チームを率いている中田久美監督。

中田久美監督は元女子日本代表であり、天才セッターとして活躍したバレーボール選手。

実は、若い頃にはモデルをしていたこともあるんだとか。

モデルとしての活動や若い頃の画像について調べてみました。

中田久美監督の経歴

名前:中田 久美(なかだ くみ)

出身地:東京都練馬区

生年月日:1965年9月3日

身長:176㎝

体重:62㎏

血液型:A型

出身中学:練馬区立練馬東中学校

出身高校:NHK学園高校(通信制)

職業:元バレーボール女子日本代表、スポーツキャスター、タレント、元久光製薬スプリングス監督、現バレーボール女子日本代表監督

中田久美監督がバレーボールを始めたのは、中学入学後に母親から勧められたことがきっかけでした。

バレーボール選手としては遅めのスタートですが、中学2年で英才教育チーム「LAエンジェルス」に入団して、バレーの才能が開花しました。

そして、史上最年少の15歳で女子日本代表に選出されます

中学3年生でセンターとして代表入りを果たしてからは1980年から1992年という長い期間、日本代表として活躍し続けました。

1981年から所属していたチームの監督から、セッター転向を薦められます。

セッター転向後1年で、チームのスタメンを勝ち取り、チームのリーグ優勝に貢献して、新人賞にも輝きました。

日本代表でも司令塔となるセッターを任されるようになり、現役時代は「天才セッター」と呼ばれたほどです。

中学卒業後はバレーボールに専念するため、通信制のNHK学園高校へ進学。

当時は今と違い、通信制高校へ進学する人は少なかった時代ですが、バレーボールの為の進路決定という理由からも、中田久美監督のバレーへの熱い思いが伝わってきますよね。

1992年に現役引退された後、1995年に現役復帰しています。

1997年に日立を退社してからは、バレーボール解説者やタレントをしながら、バレーボール関係の活動もされていました。

2011年9月から、久光製薬スプリングスのコーチを務めて、2012年に久光製薬スプリングスの監督に就任。

2012年12月、天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会の決勝戦では、前年優勝している東レを下して優勝。

その年のVプレアリーグ、黒鷲旗全日本男女選抜大会も制して、女子チームでは初めての三冠を達成。

監督就任1年目にしての快挙となりました。

日韓Vリーグトップマッチと2012年ぎふ国体も含めると五冠になり、中田久美監督の指導力がどれだけ高いのかが分かりますね。

その功績もあり、2016年にはバレーボール女子日本代表監督に就任しています。

日本バレーボール協会理事会で、満場一致での選出でした。

満場一致ということは、理事会の方々に認められた指導力だということになります。

監督としての指導には、自身の選手時代の経験が活かされているかもしれませんね。

中田久美監督の若い頃がかわいい!美人!

こちらが中田久美監督の選手時代です。

他の写真も探してみましたが、なかなか見つかりませんでした。

あどけなさはあるものの、可愛いことが十分に伝わってきますね。

また、全身は映っていませんが、スタイルが良いことも感じ取れる一枚です。

中田久美監督劣化したとネットの声

ネットでは「中田久美監督が老けた」という声があがっているのを見かけます。

「最近痩せた」と感じたことがきっかけのようで、「病気をしたのでは」という心配の声も多くありました。

しかし、中田久美監督自身が「病気ではない。大騒ぎするほどのことではない」と否定されています。

ただ、現役時代から腰痛に悩まされていて、深刻な状態になってしまったようで、2015年には手術をされています。

老けたと言われるのは、監督として映る時はメイクをしていないことも関係している気がします。

実際に白髪が一部染められていないことを気にする方も…。

この写真で白髪に見えるのは、照明の当たり方が関係しているかもしれません。

2020年現在、中田久美監督は54歳。

年齢から考えると、年相応ではないかと思います。

日本代表監督なので、見えない部分での苦労や心労、ストレスがあるはずですし、溜まっている疲れなどが、顔を老けたように見せている可能性もありますよね。

中田久美監督の選手時代もかわいい!成績は?

中田久美監督は、史上最年少の15歳で女子日本代表に選出されています

プレミアリーグには1981年16歳3ヶ月でデビューして、2007年に岡山シーガルズの堀口夏実が15歳4ヶ月でデビューするまでは、史上最年少記録でした。

史上最年少記録を20年以上破られなかったことに驚きますよね。

プレアリーグだけでなく、10年以上日本代表として活躍されていましたが、特筆すべき成績はオリンピック出場でしょう。

1984年 ロサンゼルスオリンピック出場 銅メダル獲得

1988年 ソウルオリンピック出場 4位

1992年 バルセロナオリンピック出場 5位

なんとオリンピックに3大会連続出場という快挙を達成!

1989年のワールドカップでは、ベストセッター賞を受賞。

世界に認められるセッターだったことの証明ですね!

中田久美監督モデル時代にシースルー写真撮ってた!

中田久美監督は最初の引退後、モデル活動をされています。

モデルを始めたきっかけは、お誘いを受けて「やってみようかな」と軽い気持ちで引き受けたことでした。

撮影前に5㎏落として欲しいという無理な指示に対しても、5日で体重を落としたという話があります。

何をするにしても真剣に取り組む姿勢は、アスリートそのものですし、負けず嫌いの中田久美監督らしさが感じられます。

1998年にセミヌード写真集「N.93」を出版。

元バレーボール選手がモデルに転身して出したセミヌード写真集なので、注目を集めました。

それに加えて、過激なシースルー画像があったため、当時はかなり話題になりました。

中田久美監督の離婚理由はシースルー?

中田久美監督は最初の現役引退後、1993年29歳の時に結婚されていますが、1998年に夫婦間のすれ違いを理由に離婚されました。

お子様はおられず、現在は独身とのこと。

調べてみると、離婚理由は様々に言われています。

前述のシースルー画像が離婚の原因になったのではないか…という見方もあります。

これは写真集を出した年と離婚の年が同じなので、シースルー画像が離婚理由だと結びつけやすかったのだと推測できます。

調べてみても、シースルー画像が離婚理由だという証拠は見つかりませんでした。

ご本人たちが「夫婦間のすれ違い」と言われているので、第三者には分からない問題があったと考えるのが妥当でしょう。

中田久美監督の若い頃の画像は?モデル経験ありの経歴に迫る!まとめ

中田久美監督は選手時代から可愛く、スタイル抜群。

選手としての成績は、プレミアリーグの最年少デビュー、オリンピック3大会連続出場と、記録にも記憶にも残る活躍をされています。

一度目の引退後、モデルをしていた時期があり、その時にはセミヌード写真集を出して、過激な写真が話題になりました。

29歳の時に結婚をしますが、数年後に離婚。

その後、久光製薬スプリングスのコーチ、監督を経て、日本女子代表監督に抜擢されています。

最近はSNSで「老化してる」と書かれていることもありますが、病気ではないと中田久美監督自身が否定されました。

選手時代だけでなく、監督としても記録的な結果を出している中田久美監督。

今後、日本女子代表チームがどんな結果を残すのか、注目していきましょう。

fam8本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする