安斉かれんの身長体重は?ドラマ大抜擢で話題!

ザックス広告
安斉かれんの身長体重は?ドラマ大抜擢で話題!

話題のドラマ「M愛すべき人がいて」の浜崎あゆみさん役に大抜擢された新人アーティストの安斉かれんさんですが、その身長体重やプロフィールなどが気になります。

今回は話題の安斉かれんさんについて、身長体重やその他のプロフィールについて詳しく調査してみたいと思います。

安斉かれんの身長体重は?

安斉かれんさんは神奈川県藤沢市出身、1999年8月15日生まれの20歳です。

読者モデルもやっていた安斉かれんさんですが、その身長体重はどれくらいなのでしょうか?

新人アーティストなので詳細なプロフィールはまだありませんでしたが、安斉かれんさんの身長は157センチということが判明しました。

体重の方は正式には公表されていませんでしたが、おそらく45キロ前後だと思われます。

ちなみに浜崎あゆみさんの身長を確認したところ、157センチで、20代の頃の体重も45キロ前後ということが判明しました。

安斉かれんさんが主演に大抜擢された要因として、おそらく20代の頃の浜崎あゆみさんと身長体重がほぼ同じだったことともあげられると思います。

安斉かれんは元モデルでショップ店員!

安斉かれんさんは高校卒業後、歌手デビューする前まで渋谷のスペイン坂にある人気ショップ「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」のカリスマ店員として働いていました。

このショップはエイベックスが運営しているギャルファッションを取り扱う期間限定のお店で、安斉かれんさんはエイベックスでレッスンを受けながらお店に立っていたようです。

そのカリスマ店員時代の、抜群の美貌とスタイルが注目され、コスメティックブランド・MACの店頭コレクションのビジュアルモデルに抜擢されたこともありました。

歌手デビューする前、安斉かれんさんはファッション業界でも注目される存在だったんですね!

安斉かれんの出身中学高校は?

安斉かれんさんの出身中学高校はどこなのでしょうか?

調査の結果、安斉かれんさんの出身中学高校名は公表されていませんでした。

しかし、高校までは地元の神奈川県藤沢市にお住まいだったと考えられるので、藤沢市内の中学高校出身の可能性が高いと思います。

安斉かれんさんは中学時代に吹奏楽部に所属していて、アンサンブルの県大会で金賞を受賞したことがあると語っています。

安斉かれんさんが中学生だった2012年~2014年の神奈川県のアンサンブル大会の結果を調べてみると、2013年に藤沢市立村岡中学校が金賞を受賞しているので、安斉かれんさんは村岡中学校出身だと思われます。

高校も藤沢市内のいずれかの学校に進学されたと思われる安斉かれんさんですが、高校に入ると本格的に歌手を目指すようになり、エイベックスの原宿アカデミーへ通い始めます。

安斉かれんさんは高校時代から、浜崎あゆみさんをはじめエイベックス所属のアーティストの音楽性に共感するものを持っていたのかもしれませんね。

安斉かれんのデビューのきっかけは?

安斉かれんさんは、どのようなきっかけで歌手デビューすることになったのでしょうか?

安斉かれんさんは、幼い頃から音楽が大好きで、小学校の頃にはエレクトーン奏者に憧れて、エレクトーンを始めました。

中学校時代にはお父さんに連れられて行ったザ・ローリング・ストーンズのライブで見たサックス演奏に憧れて、吹奏楽部に入部しアルトサックスを始めました。

それまではお父さんの影響で洋楽ロックやR&Bばかりを聴いていた安斉かれんさんですが、吹奏楽に熱中するようになり、アンサンブルの県大会では金賞に輝くほどまでに上達します。

数々の楽器に触れていくうちに、「喉もひとつの楽器」と考えるようになった安斉かれんさんは歌もやってみたいと思うようになり、高校生の頃に、エイベックスの原宿アカデミーでボーカルレッスンを受けるようになります。

安斉かれんさんはまた、歌を習い始めるのと同時に歌詞も自分で書くようになり、デビューシングルの「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」の歌詞も16歳の時に書いたようです。

高校卒業後、エイベックスが運営するショップで働いていた安斉かれんさんですが、そこからどのようにエイベックスで歌手デビューしたのかについては明らかになっていません。

しかし、エイベックスのレッスンに通い始めた高校時代から安斉かれんさんの歌手デビューは決まっており、デビュー前のプロモーションを兼ねてエイベックス運営ショップで働いていたのでは?という見方が強いようです。

幼少期から音楽的才能に優れていた安斉かれんさん、エイベックスにおいていち早くその才能が見いだされ、プロモーションに関しても色々と戦略が練られていたのかもしれませんね。

安斉かれんはCG合成で実在しない?

安斉かれんさんはその整い過ぎた美しさゆえ、CG合成のバーチャル歌手で実際には存在しないのでは?という噂が流れています。

もちろんこれは全くのデマで、安斉かれんさんは実在のアーティストです。

安斉かれんさんはショップ店員・読者モデル時代から現在に至るまで、ほとんど笑顔の写真がなく、どことなく無表情なものばかりです。

また、ドラマが決まるまではほとんどメディアに出てこず、動いている姿が公表されることはありませんでした。

表情が変わることなく、動画なども存在しなかったため、安斉かれんさんがCG合成であるとの噂が流れてしまったものと考えられます。

しかし、このバーチャル説に関しても、安斉かれんさんのプロモーション戦略の一部と言えると思います。

メディアへの露出が少ないアーティストほど、ライブに行って実際の姿が見てみたい!と多くの人が思ってしまい、チケットの売れ行きも良くなる傾向にあるようです。

安斉かれんはハーフなの?

目鼻立ちがくっきりしていて、肌も色白で美しい安斉かれんさん。

そのためネットで、安斉かれんさんはハーフなのでは?という噂が流れています。

本当なのでしょうか?

安斉かれんさんハーフ説について調査してみましたが、残念ながら詳しいプロフィールが公表されていないため、本当のところはわかりませんでした。

ハーフのようにみえる顔立ちの安斉かれんさんですが、安斉かれんさんはカラーコンタクトを使用したり、派手気味のこだわりメイクを行っているので、ハーフ顔と言われてしまうのかもしれません。

デビュー前の画像を見てみると、メイクもナチュラルで素朴な可愛さもあり、普通に日本人の可愛い女の子にも見えます。

実際に安斉かれんさんにハーフやクオーターなのかは不明ですが、ナチュラルメイクでも外国人風ばっちりメイクでもその美しさに変わりはありません!


最近なにかと話題になっている安斉かれんさん。 安斉かれんさんをネットで検索すると「両親」「ハーフ」「ドラマ」というワードが出てきます。 安斉かれんさんのご両親が検索されるのはなぜなのでしょうか。 今回は安斉かれんさんについて詳しく説明していきます。

安斉かれんの性格は?

その外見の印象から、大人っぽくクールなイメージを持たれることが多い安斉かれんさんですが、実際のところはどうなんでしょうか?

実際のインタビュー記事を調査してみると、安斉かれんさんはインタビュアーの方に対してもとてもフレンドリーで、自分の私生活についても明るくお話されていました。

また、どんな時でもやはり音楽のことばかり考えてしまうようで、安斉かれんさんは本当に音楽に対して真面目ということが伝わってきます。

安斉かれんがドラマ大抜擢!どんなドラマ?

安斉かれんさんが出演中の話題のドラマ・「M愛すべき人がいて」はどのような内容なのでしょうか?

2019年に出版された「M愛すべき人がいて」は、浜崎あゆみさんが平成の歌姫になるまでの出会いと別れを描いた作品です。

ABEMAでも配信中!見逃した方は1話から見れちゃいますよ♪


なかでもこれまで触れられることがなかった、浜崎あゆみさんとエイベックスの代表取締役会長CEO・松浦勝人との恋愛関係も赤裸々に綴られており、出版当時大変話題になりました。

この作品がABEMAでドラマ化されることになり、松浦勝人さん役に人気俳優の三浦翔平さん、浜崎あゆみさん役に新人アーティストである安斉かれんさんが大抜擢されたのです。

ドラマでは原作通りに、浜崎あゆみさんが松浦勝人さんに見いだされ恋愛関係に発展、歌手としての成功の裏で破局を迎え、再会して再びビジネスパートナーとなるまでの流れが描かれるものと考えられます。

ドラマでの期待されるポイントとして、人気放送作家の鈴木おさむさんが脚本を務めているという点があげられます。

また、主演二人以外にも、レコード会社社員役にGENERATIONSの白濱亜嵐さん、松浦勝人さんの秘書役に田中みな実さんがキャスティングされるなど、脇を固める俳優陣にも注目が集まります。

元TBSアナウンサーで、現在はマルチに活躍中のタレント・田中みな実さんですが、以前と比べて目が変わったとの噂が流れています。 整形では...

さらには最終回で浜崎あゆみさんの本人出演もあるのでは?という噂もあり、最後まで目が離せませんね!

安斉かれんの身長体重は?ドラマ大抜擢で話題!まとめ

以上、安斉かれんさんについて、身長体重やその他のプロフィールについて詳しく調べてみました。

まだまだ情報も少なく、謎のベールに包まれている安斉かれんさん。

話題のドラマへの主演を経て、今後は民放テレビや映画出演など多くの場で活躍されることが期待されます。

これからもその活躍に注目していきましょう!

スポンサーリンク
fam8本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする