伊藤ふたばの親は選手だった?松園中学校出身有名人に綾瀬はるか!?

2020年の東京五輪から新種目として加わるスポーツクライミング。

注目されている選手の一人が、2017年のジャパンカップで史上最年少の14歳で優勝したボルダリングの伊藤ふたば選手です。

お父様がボルダリングの選手だったとも言われていますが、果たしてどうなのでしょうか。

今回は伊藤ふたば選手のご両親や出身中学校などについて、紹介していきます。

伊藤ふたばの親は元選手?兄弟についても

伊藤ふたば選手は父親の影響でボルダリングを始めたと話していますので、父親もボルダリングをしていることになります。

父親は伊藤崇文さんで、2016年に開かれた岩手県ボルダリング大会では、マスター一般の部で堂々の2位でした。

伊藤ふたば選手は、ボルダリングを始めた直後に15mをスイスイ登って、父親や関係者を驚かせたというエピソードもあります。

伊藤ふたば選手の身体の強さなどは、父親からの遺伝なのではないでしょうか。

ボルダリングで活躍する為のDNAが受け継がれているのだと思います。

伊藤ふたば選手の親は選手だったという噂は、本当だと分かりましたね。

母親はご健在のようですが、一切メディアには出られていません。

兄弟は二つ上のお兄さんがいますが、地元の大会などにもそれらしき名前はなく、ボルダリングをされているかは不明です。

メディアには出られなくても、伊藤ふたば選手の活躍を喜ばれていることと思います。

伊藤ふたばは松園中学校出身?高校は?

伊藤ふたば選手は盛岡市立松園中学校の出身です。

現在は盛岡市にある盛岡中央高校に通われています。

この高校は全日制と単位制がありますが、どちらの在籍なのかは不明です。

盛岡中央高校では様々な部活が、全国大会で活躍しています。

ホームページを見ると、スポーツの盛んな高校だということがよく分かります。

卒業生には、スキージャンプの小林陵侑選手やハンドボールの選手など、多数のスポーツ選手がいるようです。

スポーツだけでなく、学業面ではグローバル教育にも力を入れていることが特長で、進学率も高い文武両道の高校といえます。

国際大会への出場も多いですし、競技と勉強とを両立できる環境が、進学の決め手だったのかもしれませんね。

ちなみに、綾瀬はるかさんは広島県出身で東京の高校へ転校するまでは広島在住なので、残念ながら松園中学校出身ではありませんでした。

出身中学こそ違う二人ですが、実は意外なつながりがありました!

伊藤ふたばと綾瀬はるかのCMって?

伊藤ふたば選手と綾瀬はるかさんが共演しているのは、パナソニックの「beautiful Japan towords 2020」として綾瀬さんが全47都道府県を巡る“東京オリンピック・パラリンピック向けて日本を一つにするプロジェクト”の一環で作られたCMです。

綾瀬さんが岩手県の伊藤ふたば選手の練習場を訪ねるという内容でした。

そのCMでは岩手県の県営運動公園にあるクライミング場を訪問しています。

伊藤ふたば選手が普段練習しているクライミングジムでは、綾瀬さんがボルダリングに初挑戦されています。

元来の運動神経が良いのか、綾瀬さんは3回続けてクリアされたそうです。

伊藤ふたば選手だけではなく、綾瀬さんの意外な一面も垣間見えるCMでした。

綾瀬さんは運動神経抜群だと聞いたことがありますが、初挑戦のボルダリングで3回もクリアされたことに驚きました。

綾瀬さんは運動神経が良いだけでなく、見て学べる能力が高いのではないでしょうか。

その能力は、女優の仕事にも活かされているような気がします。

「伊藤ふたば 綾瀬はるか」などと検索すると様々なバージョンのCM動画があるようなので、興味がある方は検索してみてくださいね。

伊藤ふたばのクライミング経歴は?

伊藤ふたば選手がボルダリングを始めたのは小学3年生の時。

始めた直後に15mをスイスイ登って、その達成感からボルダリングにハマったそうです。

ユース時代には、全日本を始め、アジア、世界での全タイトルを獲得しています。

2017年には第12回ボルダリング・ジャパンカップで、史上最年少の14歳9ヵ月で優勝。

翌2018年から本格的にワールドカップへ参戦するようになりました。

2015年の日本ユース選手権での優勝を始め、ジュニアオリンピックカップ、アジアユース選手権、ワールドカップや世界選手権などでも入賞するほどの実力者です。

現役の高校生ですが、これからの活躍がとても楽しみですし、2020年の東京五輪での活躍を期待したくなりますね。

東京五輪出場が決まれば、ボルダリングの人気も、さらに高まりそうな気がします。

主な成績

2015年 クライミング・日本ユース選手権 リード優勝

2015年 全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会 優勝

2016年 全日本クライミングユース選手権リード競技大会 優勝

2016年 全日本クライミングユース選手権ボルダリング競技大会 3位

2017年 第12回ジャパンカップ 優勝

2017年 IFSC世界ユース選手権 ボルダリング優勝

2017年 IFSCアジアユース選手権 ボルダリング優勝

2018年 IFSC世界ユース選手権 リード2位・ボルダリング3位

2018年 ボルダリングユース日本選手権 優勝

2018年 日本ユース選手権リード競技大会 優勝

2018年 日本選手権リード競技大会 3位

2018年 IFSC-ACCクライミングアジア選手権 複合3位

2019年 第14回ボルダリング・ジャパンカップ 3位

2019年 第1回スピード・ジャパンカップ 2位

2019年 IFSCクライミング・ワールドカップ ボルダリング5位

2019年 IFSCクライミング・世界選手権 ボルダリング7位

2019年 チャイナ オープン 複合2位

伊藤ふたばの身長体重や筋肉に強さの秘密が!?

伊藤ふたば選手は身長160cm 体重44kgほどということなので、見た目は細身の高校生だと想像できます。

専属のコーチはおらず、父親からアドバイスをもらうことはあるものの、基本的には自分で課題を見つけて取り組むという練習をされています。

課題を見つける為には自分自身を客観的に見る必要があるので、客観的に評価できる見方や自分との向き合い方がとても上手なのだと思います。

スポーツ選手は技術だけではなく、精神力も大切だと言われますし、自分で課題を見つけて取り組むという練習は、伊藤ふたば選手の大きな武器といえるでしょう。

クライミングには掴む、引っ張るという動作の必要性が高くなります。

それに伴って握力が強くなったり、広背筋や腹筋が発達していきます。

伊藤ふたば選手の握力は、38kgほどだそうです。

一般女性の平均値が26kgなので、約1.5倍の握力ということになります。

この値だけ見ても、ボルダリングには相当の握力が必要だと分かりますよね。

その反面、筋肉をつけすぎると身体が重くなって支えきれなくなるなど、競技上不利になってしまう可能性もあるようです。

自身の強みとして手足の長さを挙げられており、柔軟性も高いようなので、自分の身体を特性を活かしながら上手く使うことが大事な競技だと思います。

筋トレをしないと筋肉が落ちやすいと聞いたことがあるので、伊藤ふたば選手も日々の練習だけでなく、筋トレにも励まれている事でしょう。

高校生でこれだけの筋肉を維持していくのは、想像以上に大変だと思います。

伊藤ふたばに熱愛彼氏あり!?真相は!

彼氏がいるという噂がありましたが、調べてみても確実な情報はありませんでした。

過去には同じボルダリングの原田海選手と交際という噂もあったようですが、交際について具体的に書かれている記事も見当たりませんでした。

同じ国際大会に出場したことがあるので、それがきっかけで噂になったのでしょう。

小学生からボルダリングを始め、高校に通いながら様々な大会で活躍されているので、今は恋愛をする余裕はないのかもしれませんね。

同じ高校にこんな可愛い女の子がいたら、男の子たちは気になって仕方ないのでは…なんて思ってしまいました。

伊藤ふたば選手のプロフィール

  • 生年月日:2002年4月25日
  • 出身地:岩手県盛岡市
  • 家族:両親、兄1人※父親はボルダリング選手で、ボルダリングの大会で好成績を残しています。
  • 身長:160cm
  • 体重:44kg
  • 中学:盛岡市立松園中学校 卒業
  • 高校:盛岡中央高校 在学中
  • 競技:スポーツクライミング(ボルダリング・リード)

競技を始めたのは小学3年生の時。

中学生の時にジャパンカップで最年少で優勝をして、注目されるようになりました。

今までの主な大会成績は「クライミング経歴」の項目に記載しています。

中学生で注目されるようになってからも、活躍の幅を広げて、今や日本を代表する選手の一人になりました。

注目されるプレッシャーなどはあると思いますが、これからも自分らしいプレースタイルで頑張ってもらいたいと思います。

伊藤ふたばの親は選手だった?松園中学校出身有名人に綾瀬はるか!?まとめ

今回調べた結果、伊藤ふたば選手は父親もボルダリングの選手でした。

高校生ながら、世界で活躍できるのは、父親からボルダリングのDNAを受け継いでいるからでしょう。

また、日頃の練習では自分で課題を見つけて取り組んでいて、自分との向き合い方が上手なことも、実力を発揮できる要因かもしれません。

伊藤ふたば選手は松園中学校を卒業され、現在は盛岡中央高校に通っています。

残念ながら綾瀬はるかさんは、同じ中学校の出身ではありませんでした。

しかし、伊藤ふたば選手と綾瀬はるかさんは、テレビCMで共演されています。

そのCMでは、綾瀬はるかさんの運動神経の良さが発揮され、話題となりました。

美人の二人が並んでいると絵になるなぁ、と思われる方も多いでしょうね。

小学生からボルダリングを始め、2017年のジャパンカップでは野口啓代選手らに勝ち、史上最年少の14歳9ヵ月で優勝しています。

その後も国内大会だけではなく、国際大会でも活躍されています。

現役の高校生の伊藤ふたば選手は、2020年東京五輪出場への期待も高まっていて、大注目の若手ボルダリング選手と言えるでしょう。

今後の活躍を期待して、応援していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする