山口真子MAKOの身長体重は?NiziProjectでトップ通過で話題!

ザックス広告
山口真子MAKOの身長体重は?NiziProjectでトップ通過で話題!

Huluで配信されている、日韓合同オーディションプログラム「NiziProject(ニジプロ)」。

TWICEの日本版を作るために行われているオーディションで、アイドルグループでのデビューを目標に26人が挑んでいます。

このNiziProjectの東京合宿、トップ通過して話題になったのが山口真子MAKOさん!

MAKOさんのスタイルの秘密やダンス、歌の実力だけでなく、流ちょうに話す韓国語をどう学んだのかも気になったので、色々調べてみました。

山口真子MAKOの身長・体重は?スタイルが良い

MAKOさんの身長、体重については、公表されていません。

調べてみると、様々なサイトで身長を推測していました。

多くのサイトでは、日本人女性の平均身長160㎝前後ではないかと書かれています。

写真や動画を見ましたが、周りの人と比較できるものが少なく、推測も難しかったです。

今後、デビューが決まれば、身長、体重ともに公表されるかもしれませんね。

スタイルの良さはNiziProjectの写真などを見ると、よく分かりますよね。

ダンスで身体を動かしているからか、お腹周りにぜい肉はなく、女性としてはかなり引き締まった体型です。

スタイルの良さは、ダンスのキレに必要なのかもしれません。

山口真子MAKOのダンスや歌の実力は?

ダンスについて

MAKOさんは「第二のモモ」と言われるほどの実力を持っていて、JYP練習生の中でもかなり注目されています。

「モモ」とはTWICEのモモさんのことで、K-POP女性アイドルの中でもかなり高いダンススキルだと言われています。

NiziProjectの東京合宿のダンステストでは、J.Y.Park(パクジニョン)さんが感動して涙を流すほどのダンスを披露しています。

ダンス審査では『2PM「I’ll be back-Japanese ver.-」』を選び、この曲のイメージに合わせて髪をバッサリ切って登場し、その場にいた全員を驚かせました。

NiziProjectが始まった時は胸辺りまである金髪のロングヘアでしたが、肩辺りまで切って黒っぽい茶色に変えています。

ダンスのイメージに合わせると言っても、ここまで髪を切るのはかなり覚悟が必要です。

その行動からも、MAKOさんがどれだけこのオーディションに懸けているかが伝わってきますよね。

〈NiziProjectが始まった時のMAKOさん〉


〈ダンス審査の時のMAKOさん〉

歌について

ボーカル評価でもJ.Y.Park(パクジニョン)さんは「歌い方が話すような感じで完璧。歌に心を細かくうまく込めることができている」と高く評価しています。

NiziProjectの東京合宿では、ダンス、歌ともに1位を獲得して、韓国合宿への参加を決めました。

ダンス、ボーカルともに高評価を得たMAKOさん。

J.Y.Park(パクジニョン)さんは「この先どんな有名人になっても、MAKOさんの人柄は変わらないと思う」と褒めていて、この言葉からもMAKOさんの誠実さと謙虚さが伺えます。

ダンスだけでなく、キレのある動きができる体型を維持するためのトレーニングやひたむきに練習を重ねられる人柄も高く評価されました。

私もダンス審査の映像を見ましたが、高難易度の振付もこなしている上に、キレのある動きと高いダンステクニックに引き込まれました。

審査員の方が涙を流したことにも共感できる、すごいダンスです!

山口真子MAKOがオーディションを受けるまでの経緯

幼少期からダンスが好きで、小学生からダンススクールに通っていました。

毎朝学校へ行くまで、必ずダンスの練習を1時間半していたというほどの努力家です。

韓国のアコピアスクールに留学して、ダンスとボーカルレッスンを受けて、実力にさらに磨きをかけていきます。

2017年2月、韓国のJYPエンターテインメントのJYP公開採用13期オーディションに応募。

応募者3500名の中から3位を勝ち取り合格、JYP練習生に!

JYP練習生になっても努力家というのは変わらず、時間があればダンスレッスンに励んでいて、JYP内でも有名です。

夢に向かって継続して努力する姿勢から、MAKOさんの強さと真剣な気持ちが感じられます。


JYPで2年7か月続けている練習はMAKOさんの自信になっていますが、同時に「私にはこれが残された最後のチャンス」というほど焦りも感じています。

MAKOさんの努力が、結果につながると信じて頑張って欲しいです。

山口真子MAKOのインスタある?かわいい画像見たい!

残念ながら、MAKOさんはインスタをされていませんでした。

インスタだけでなく、MAKOさんの個人のSNSは見当たりません。

所属しているJYPの方針で、個人SNSは許可されていないのかもしれませんね。

本人のSNSはないですが、MAKOさんファンの方がニジプロなどの写真を投稿されています。

オーディションの様子が分かるものも多く、ダンスやボーカル審査の投稿もありました。

ファンの方の投稿だけあって、MAKOさんの雰囲気が分かる写真や時折見せる笑顔などもあり、MAKOさんの可愛らしさが伝わってきますね。

山口真子MAKOが韓国語が上手な理由

MAKOさんはK-POPに憧れて、小学校の頃から独学で韓国語の勉強を始めています。

韓国語は読み書きだけでなく、会話まで独学で習得していて、日常会話なら問題なく話せるレベルだとか…。

独学で日常会話が話せるレベルということだけでなく、小学生で勉強を始めたことにもビックリしました!

それだけ夢を実現させるための努力を惜しまなかったということですね。

以前のインタビューでも「一度決めたらやり遂げる性格」と話しています。

その言葉の通り、独学で韓国語をマスターし、ダンスレッスンに打ち込む努力家であり、同時にとても芯の強い人だと分かります。

山口真子MAKOの両親について

MAKOさんは「Nizi Project」ep6にて、家族写真とともに家族とのエピソードを紹介しています。

家族とのエピソードでは

日曜日はお父さんの日と決めて、お父さんがディナーを作ってくれます!

毎日両親とテレビ電話で話をしながら「今は辛いけど、いつかは絶対幸せになれるよ」と励ましの言葉をくれる。

という話を披露していました。

このエピソードだけで、どれだけ仲の良い家族なのか分かりますよね。

家族写真として紹介されたプリクラがこちら。(左の画像です)

プリクラにはMAKOさんとご両親、お姉さんと思われる4人が写っていて、4人家族だと分かります。

MAKOさんの隣にいるお姉さんと思われる方も、MAKOさんと似ていて目鼻立ちがハッキリした美人です。

こんな風にプリクラを撮るほど仲がいい家族からの励ましは、MAKOさんの力になること間違いなしですね!

山口真子MAKOのプロフィール


本名:山口 真子(やまぐち まこ)

生年月日:2001年4月4日

出身地:福岡県八女市

所属:JYP練習生(JYP13期オーディション総合3位、2017年入所)

NiziProject韓国合宿への参加決定!

山口真子MAKOの身長体重は?NiziProjectでトップ通過で話題!まとめ


MAKOさんは幼い頃からダンスを習い、独学で韓国語を習得しました。

時間があればダンスレッスンに取り組むほどの努力家。

そのMAKOさんが「最後のチャンス」として挑戦しているNiziProject。

これまでの審査では、ダンスも歌も高評価を得ています。

MAKOさんの幼い頃からの夢が、デビューという形で叶うように応援していきたいですね!

スポンサーリンク
fam8本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする