東野有紗の怪我の部位はどこで負傷時期はいつ?怪我でも好成績の秘密は?

ザックス広告
東野有紗の怪我の部位はどこで負傷時期はいつ?怪我でも好成績の秘密は?

バドミントンの混合ダブルスで、東京オリンピックのメダル獲得候補の1人である東野有紗選手をご存知でしょうか?渡辺勇大選手と高校生の頃からペアを組み、二人三脚で今も活躍中です!どうしてここまで2人で好成績をおさめる事が出来ているのか、そこには2人のプライベートに秘密があるのかもしれません!バドミントン愛が強い2人の関係性もひも解いてみましたよ!これからの活躍が期待されている両選手の内情を覗いてみましょう!

東野有紗がペアを組む渡辺勇大とは?

渡辺勇大選手は東京オリンピックのバドミントンにおいて、男子ダブルスと混合ダブルスの日本代表候補であり、メダル獲得を期待されている選手の1人で、男子ダブルス、混合ダブルスの種目で日本ランキング、世界ランキング共にトップ5以内に入っているとても優秀な選手なんです!
1997年6月13日生まれの(2020年6月で23歳)。167cmのB型で左利きです。
高校を卒業後に東野有紗選手がいる日本ユニシスに入社します。その入社の裏では東野有紗選手の「一緒にバドミントンをしよう!」という猛プッシュがありました。、バドミントンをプレーするにあたって、よほど息がピッタリなのでしょう。
社会人になった渡辺勇大選手は出場種目を男子ダブルスと混合ダブルスを中心に練習に励んでいます。現在は、コロナウィルスの影響で千葉県内の自宅やその周辺で日々工夫をこらして体力、筋力を維持するため、トレーニングを重ねています。
趣味は「気の赴くままに行動すること」で、自他ともに認める超プラス思考である渡辺勇大選手ですが、とあるインタビューで「この苦境をどうプラスにかえる?」という問いに「変化ではなく前進するだけ。前進する時間が1年増えて、強くなれるチャンスをくれた。楽しみで仕方ない」と。また、計画性がなく自分に甘い、継続するのが苦手と語る渡辺選手ですがそこもポジティブで「3日坊主を継続する」と切り替えているんだとか。「例えばスマッシュの練習が3日坊主になっても、すぐに次の新しい事を始める。1日で終わっても、また別の事にトライ。これを繰り返せば成長できるんです。」と語っています。

一般人でも右利きが多い中で、左利きとは!右利きの選手にとってはプレーしづらいでしょう!何事にも前向きでプラス思考なのは、なかなか継続できることではありませんよね。真剣にバドミントンに向き合っているからこそ、自分のマイナスな一面も見方を変える事でプラスに導けるのかもしれません。

東野有紗は渡辺勇大と付き合っている?

東野有紗選手と渡辺勇大選手。実は付き合っているんじゃない?と思ってしまいますよね!息の合うプレーを見せる2人。しかも長い期間ペアを組んでいるので、恋愛感情も芽生えてくるのではと気になります!海外では結婚したペアもいるので、実際のところはどうなんでしょうか?
過去のインタビューで、2人の関係性について語っています。

(渡辺)「お互いに大切なパートナーですが、今のところはまだ恋愛感情には至ってないですね。でも、もしかしたら…これからあるかもしれませんよ笑」
(東野)「フフフ、そうですね」
(渡辺)「もし僕らに恋愛感情が芽生えてそういう関係になったら一番に教えますね。そうしたら東スポさんの一面でお願いしますよ!」

文面を見る限り、学生時代から頑張ってきた仲の良い先輩、後輩という感じですね!
ちなみに渡辺勇大選手は指輪やネックレスをしていますが、これには特に意味はなくて、ただクロムハーツが好きで、オシャレかもしくはお守りの意味で身に着けている可能性が高いです。
一時期、東野有紗選手が渡辺勇大選手の事を「運命の人」と発言をしたことで噂が広まったのですが、それは噂でしかなく、あくまで「バドミントンのパートナー」としてこの発言をしたと考えられます。

福島にある富岡第一中学校で出会い「ユウタ君」「東野先輩」と呼び合う2人ですが、何かをきっかけの恋愛に発展することもあるかもしれません!これからの大会の戦績も気になりますが、プライベートの関係についてもこうご期待ですね!

東野有紗と渡辺勇大の性格について

ダブルスを組むにあたって、お互いの性格や癖を理解していないとスムーズにいかないことが多々あるので、好成績を残し続けている両選手の性格はどのようなタイプなのでしょうか。
プライベートな性格に関する情報は得られなかったのですが、東野選手は情熱的で、とても一途であるという情報がありました!渡辺選手が日本ユニシスの入社を決める前、何度も返答を濁されていたのですが、粘って声をかけ続けたという事も分かっています。渡辺選手も戸惑ったものの、熱い思いを受け入れて入社を決めたと言われています。

2人の性格の違いはというと、渡辺選手は激情型の性格に対し、東野選手は冷静型の性格です。東野有紗選手は試合中、自分は何もしなくても渡辺勇大選手がミスをカバーしてくれると言い、渡辺勇大選手は試合中に熱くなってしまい、メンタル面で不利な状況になりそうな時、ストップをかけてくれるのが東野有紗選手だと言います。
高校時代から何も言わずとも意思疎通ができでいた両選手ですが、最近は言わなくても分かるようなことでもあえて口に出すことで確実なコミュニケーションを取っているんだとか。

シングルスとは違って、ダブルスはコンビプレーになるので、普段からコミュニケーションを積極的に取ることで、よりお互いの事を理解しプレーに活かせるようにするのでしょう。お互いの性格も熟知しているという2人の活躍をますます期待してしまいますね!

東野有紗と渡辺勇大ペアの主な戦績

東野有紗選手と渡辺勇大選手の主な戦績をまとめてみました!

<国内試合>
2015 「日本ランキングサーキット 混合ダブルス」優勝
2015 「全日本総合選手権大会 混合ダブルス」第3位
2016 「日本ランキングサーキット 混合ダブルス」優勝(2連覇)
2016 「全日本社会人大会 混合ダブルス」優勝
2017 「全日本総合選手権大会 混合ダブルス」優勝
2018 「全日本総合選手権大会 混合ダブルス」優勝(2連覇)
2019 「全日本総合選手権大会 混合ダブルス」優勝(3連覇)

<国際試合>
2014 「世界ジュニア大会 混合ダブルス」第3位
2016 「中国マスターズ 混合ダブルス」第3位
2016 「ベトナムインターナショナルチャレンジ 混合ダブルス」優勝
2017 「全英オープン 混合ダブルス」第3位
2018 「全英オープン 混合ダブルス」優勝
2018 「マレーシアオープン 混合ダブルス」第3位
2018 「ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン 混合ダブルス」第3位
2018 「フランスオープン 混合ダブルス」第3位
2018 「香港オープン 混合ダブルス」優勝
2019 「マレーシアマスターズ 混合ダブルス」優勝
2019 「全英オープン 混合ダブルス」準優勝
2019 「タイオープン 混合ダブルス」準優勝
2019 「世界バドミントン選手権 混合ダブルス」第3位
2019 「香港オープン 混合ダブルス」優勝(2連覇)
2019 「ワールドツアーファイナルズ 混合ダブルス」第3位

どれも好成績の試合ばかりですね!ぜひ今後の大会も頑張ってもらいたいです!

東野有紗が怪我をしたのはいつ?

東野有紗選手が怪我をしたという情報は得られませんでしたが、ペアを組む渡辺勇大選手は過去に怪我をして大会に出場できなかった経験があります。
それは中学生の時、第5腰椎分離症という怪我でした。それにより、中学時代は2011、2012年、全中団体優勝に貢献しましたが、主な個人戦績はないのです。
腰椎分離症とはストレスによる骨折、疲労骨折として活発にスポーツをする成長期の子供によく見られる怪我で、多い箇所は4番目と5番目の腰椎だと言われています。
腰椎分離症は進行を目で確認することが困難で、進行しやすいのが特徴です。ですが、早期に発見すれば早く治すことのできる怪我なので、指導者は本人に怪我した事や状態を説明ししっかりと受け止めさせて、その上で今何が出来るかを教えてあげる事が大事です!

指導者の先生の教えと、当時の渡辺勇大選手のやる気「絶対回復して勝つんだ!」という思いが強かったので、きっとこの怪我を克服する事が出来たんですね!自他ともに認める超プラス思考だという渡辺勇大選手ですから、当時はかなり辛かったと思いますが打ち勝つことが出来たのでしょう。
スポーツ一本で頑張るののなら怪我はつきものだと言われていますが、現在はオリンピックでメダル獲得が期待される選手にまで成長することが出来ています!
これからの渡辺勇大選手、東野有紗選手ペアの活躍が楽しみですね!

東野有紗のジャンプスマッシュがすごい!

東野有紗選手のジャンプスマッシュが凄いと話題になっています!試合を見ていると渡辺勇大選手のスマッシュに目が行きがちなんですが、とにかく打点の位置が高く、見ごたえがあると言われているんです。
2人とも攻めのプレーが特徴的で、ガンガン強打を打ち込んでいくタイプ。さすが長い期間ダブルスを組んでいるだけあって、息もピッタリでバシッとスマッシュが決まると興奮するというファンの方も多いです!
そして、東野有紗選手の体のバネも話題になっていて、それはお母さん譲りなのではという情報もありました!お母さんは昔、陸上競技の短距離選手で、全国大会の出場者なんです。お母さん個人の成績までは知ることが出来ませんでしたが、娘である東野有紗選手の運動神経、プレースタイルを見たら、きっとお母さんも高い身体能力を持っていたことが容易に想像がつきます!
私もプレーを見たことがあるのですが、本当に見ていてスカッとします!とにかく展開がスピーディーなのでハラハラドキドキしますが、見ていて楽しいしワクワクします!
まだまだこれからの伸びしろが期待できる両選手なので、この先もファンの方たちはもちろん、素人の方も楽しませてくれることでしょう!

東野有紗が使っているラケットが知りたい

東野有紗選手が使用しているラケットはYONEXナノフレア700です。
実際に使った事のある方からのレビューをまとめてみました!

・コントロールがしやすく軽いので、高齢の方だけでなく、ジュニアの子や自分の力に自信のない方でも使いやすい
・耐久性に難ありだが、性能は非常に良いラケットだと思う
・他のラケットに比べ、取り回しがいいため、レシーブが楽に返せるのがとてもいい
・軽い力でスマッシュが飛ばしやすい。ただ折れやすい印象があるので、男性である程度力がある方にはおすすめしない
・女性や中高生が使うにはナノレイシリーズは固すぎると思っていたのですが、実際に使用してみると軽いので、逆におススメです!

東野有紗選手のプレースタイルにピッタリですね!
これからバドミントンを始めてみたいな…と思っている方にもおすすめ出来るラケットなのではないでしょうか!

東野有紗のプロフィール

続いて、東野有紗選手のプロフィールをまとめてみましたよ!

1996年8月1日生まれ23歳(2020年7月現在)
北海道出身
身長 160cm
体重 54㎏
血液型 B型

身長、体重共に平均的な体型の東野有紗選手ですが、小学校時代からバドミントンで全国大会に出場していたこともあって、福島の中学校からスカウされ、中学校は地元の北海道を離れ、お母さんと共に福島に引っ越しました。
中学校は「富岡第一中学校」高校は「富岡高校」に通っていました。
高校卒業後は、日本ユニシス株式会社に入社しています。

東野有紗選手はシングルスというよりもダブルスで力を発揮してきました。
大きく取り上げられてはいないものの、国内大会はほとんど優勝で、国際大会でも優勝や3位などと好成績をおさめています。
東野有紗選手自身の努力はもちろんですが、渡辺勇大選手とのコンビネーションがバッチリなので、そこも好成績につながるポイントなのかなと思いますね!

東野有紗の怪我の部位はどこで負傷時期はいつ?怪我でも好成績の秘密は?まとめ

ここまでの経歴で大きな怪我をしていたのは東野有紗選手ではなく、渡辺勇大選手でしたが、そこから見事に復帰を遂げ、息ぴったりのプレーが望めるであろう東野有紗選手とであい、オリンピックでメダル獲得を期待される選手にまで二人三脚で勝ち上ってきた両選手。何気ない事でも報告しあう事、それを習慣化させる事により、試合中にどちらかが空回りしそうになっても声を掛け合い、次のプレーに挑む。今回は2人がどれだけバドミントンに対して熱意をもって、大好きだからこそ「2人」で立ち向かう姿が理解できたかと思います。今現在、コロナウィルスによって色々と制限がかかっている日々で、スポーツ選手もメンタル面でプラスを維持していくのには大変な状況である事に違いありません。ただ、この両選手に至っては手を取り合い、これからも勝ち進んで行ってくれる事でしょう!来年の東京オリンピックが楽しみですね!

スポンサーリンク
fam8本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする