諫山創は高年収で結婚相手の嫁も美人?イケメン進撃の巨人作者を徹底調査!

ザックス広告
諫山創は高年収で結婚相手の嫁も美人?イケメン進撃の巨人作者を徹底調査!

世界的なヒット作となった漫画『進撃の巨人』。

その作者である諌山創さんが、結婚を発表したことで再び注目されています。

注目されているのは、イケメン漫画家ともいわれる諌山さんの奥さまはやはり美人なのか!?という理由から。

気になる諌山さんの結婚相手について、ご紹介します。

また『進撃の巨人』の発行部数や諌山さんの年収についても、調査してみました。

諌山創のデビュー作『進撃の巨人』について

代表作であり世界的な大ヒット作となった『進撃の巨人』、実は諌山さんのデビュー作ということをご存じでしょうか。

デビュー作が世界的大ヒットになり、さらには単行本が30巻を超える長編漫画となるのは、快挙ともいえる功績ですよね。

日本での『進撃の巨人』展には日本各地のファンだけでなく、海外在住の方が来られることも珍しくなくなってきました。

また、あるテーマパークでは毎年のようにコラボしたアトラクションなどが登場していて、根強い人気を得ていることが分かります。

人間が巨人に襲われてしまうというホラーにも思えるような設定ですが、従来とは全く違う世界観と魅力があるからこそ、日本だけでなく海外でのヒットにもつながったのだと思います。

また諌山さんの漫画は人物などが丁寧に描きこまれていて、ストーリーと画風のギャップもヒットした要因の一つかもしれませんね。

諌山創のデビュー作『進撃の巨人』の発行部数は?

『進撃の巨人』のコミックスは30巻を超えていますが、累計発行部数はどのくらいなのでしょうか。

世界的大ヒット作となると、予想するのも難しいですよね…。

調べてみると、コミックス、電子書籍の累計発行部数は、2019年末に1億部を突破していました!

『進撃の巨人』の連載開始は2009年9月なので、連載開始から10年で1億部を超えたことになります。

この発行部数は『ドラえもん』や『鉄腕アトム』、『タッチ』、『金田一少年の事件簿』などと同じで、漫画の歴代発行部数の10位に入っています。

連載10年で昭和の名作と肩を並べているだけでなく、デビュー作で1億部突破ということにも驚いてしまいました。

諌山さんと『進撃の巨人』はきっと、平成の名作として名を残していくのでしょうね。

諌山創の年収は億単位!?

テレビ出演時に諌山さんは、「早く連載を終わらせて、サウナ店を開きたい」と話していました。

サウナ店を開きたいというのは意外でしたが、早く連載を終わらせたいという諌山さん、想像以上にお疲れなのかもしれません。

累計発行部数を知ると、どうしても気になってくるのが諌山さんの年収です。

『進撃の巨人』はコミックスだけでなく、映画化やアニメ化などもされていて、さらに多種多様なグッズも販売されています。

それらの売上などを含めると、果たしてどのくらいの金額になるのでしょう…。

漫画1冊の印税は大体40円ほどと言われているので、この金額を元に計算してみましょう。

単純計算で「累計発行部数1億部×40円=40億円」となり、漫画の印税だけでとんでもない数字になります。

これを連載期間の10年で割ると「1年あたり4億円」の収入となり、年収が億単位という根拠が得られました。

これにグッズの売上や映画化やアニメ化などに関する収入も加わるので、年収4億円どころか5億円以上になってもおかしくありません。

あくまでも一般的な印税が1冊あたり40円くらいと言われており、実際の印税額は作者や出版社、条件などによって異なるので、ここで計算した金額は参考程度に考えてくださいね。

諌山創の師匠とは?

諌山さんが師匠だと明言している方はいません。

ネットなどでは、別冊少年マガジンで連載を持っている佐藤友生(さとう ゆうき)さんが師匠ではないかと言われています。

しかし、どのような経緯があって言われているのかは分かりませんでした。

諌山さんは最も影響を受けた漫画として、皆川亮二さんの『ARMS』をあげています。

この作品は「週刊少年サンデー」で1997年から2002年まで連載されていました。

世界規模の陰謀に巻き込まれていく少年たちの物語で、物語のモチーフとしてルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』などが用いられています。

陰謀に巻き込まれていくという点では、『進撃の巨人』と通ずるところがあるのかもしれません。

諌山さんの作品にどのような影響をもたらしたのか、詳しく知りたくなりますね。

諌山創の結婚相手は誰?子供がいる?

諌山さんは2018年12月に、自身のブログで結婚を発表しています。

私事ですが今年結婚いたしました

これから伴侶と共に漫画家として人として

より一層精進して参りたいと思います!

諌山さんがこのような結婚報告をして、話題になりました。

”今年”という表現だけなので、具体的な入籍の時期は不明です。

諌山さんのSNSなどを調べてみましたが、残念ながら結婚相手につながるような情報はありませんでした。

結婚相手に関して何も語らないということは、一般の方だろうと推測できます。

ネット上では「高校や専門学校などの同級生」や「同業者」、「舞台進撃の巨人のキャスト」など様々な推測がされていますが、どれも明確な証拠や根拠はありませんでした。

諌山さんの子どもに関して調べたものの、こちらの情報も見つかりませんでした。

結婚から1年以上経過しているので、奥様が出産されている可能性は十分にありますよね。

ただ、諌山さんのプライベートに関することはほとんど公表されていないので、今後奥さまや子どもについての情報が出る可能性は低いと思われます。

諌山さんは世界的ヒット作があるがゆえに注目されることも多いので、家族との時間は大切にしたいという思いもあるのかもしれません。

SNSでの情報発信が盛んでプライバシーを守りにくい時代になっているので、家族について公表しないのは賢明な判断のような気がします。

諌山創の過去の彼女は?

諌山さんの過去の彼女に関して調べても、全く情報はありませんでした。

諌山さんは漫画家デビューに集中していて、恋愛への関心が薄かったのかもしれませんね。

過去に一人だけ、恋人ではないかと噂された人がいました。

以前諌山さんのアシスタントをしていた「やまもとありさ」さんです。

こちらがやまもとありささんです。

少し顔がハッキリしませんが、目鼻立ちのはっきりした方ですね。

やまもとさんが結婚相手ではないかとも言われていましたが、諌山さんが自身のブログで否定されています。

やまもとさんは漫画家デビューされているので、諌山さんにとっては良き仕事仲間であり、良きライバルという存在かもしれません。

元アシスタントであり、同じ漫画家なので、意識しないのは難しいのではないかと思います。

諌山創の結婚に対する国内外の反応

まずは、諌山さんの結婚に対する日本国外の反応から見ていきましょう。

諌山先生おめでとうございます!お幸せに!

え、待て待て待て。漫画家って幸せな家庭築けるもんなん?

結婚とかあり得んだろ。漫画家っつうのはプロのオタクなんだから。

実生活で幸せに過ごしてたら、彼もキャラクター達にもっと優しくなれると思うの。

つまりエレンがもっと中二病になるわけか。うーむ、作品に影響が出るなこれは。

シンプルな祝福からジョークも交えたユーモラスなものまで、様々なタイプのコメントがありますね。

作中のキャラを絡めているコメントからは、『進撃の巨人』への熱い思いが感じられます。

こういうユーモアは日本人が持っていない感覚だなぁと思いました。

次は日本国内での反応ですが、国外からの反応とどれだけ違うのでしょう。

諌山創も結婚か…。32歳だから妥当な歳かな。

これで進撃がどうなるんだろうか。変わらず面白いのか。それとも・・・。

偽非リアアピールをし、結婚した諌山創は、読者の大半を占める道徳的優位に立つ我々真の非リア読者達に永遠に謝罪しろ!

どのコメントも結婚を好意的に受け止めていて、海外のファンとの違いはあまりないですね。

しかし、言い回しなどから進撃の巨人の世界観を感じるのは私だけでしょうか…。

「偽非リアアピールをした」という表現が独特すぎますが、諌山さんの相当なファンだと伝わってきます。

いずれにしても諌山さんが『進撃の巨人』とともに、ファンに愛されていることは間違いありませんね。

諌山創はアイドルが好き?

諌山さんがアイドル好きと言われるのは、実は過去に諌山さん本人が女性アイドルグループの大ファンだと公言しているからです。

そのアイドルグループは「ももいろクローバーZ」「でんぱ組.inc」です。

諌山さんは学生時代からアイドルが好きなオタクだったと話していて、休みの日はアイドルのライブに行くことも多かったそうです。

そのため、ファンの中では諌山さんのアイドル好きは有名です。

なかなかアイドル好きな諌山さんと、『進撃の巨人』とが結び付かないのですが、自分の作品と違う分野からヒントを得ることがあったのかもしれませんね。

諌山創のプロフィール

氏名:諌山 創(いさやま はじめ)

生年月日:1986年8月29日(32歳)

出身地:大分県日田市(旧大山町)

学歴:大分県立日田林工高校

九州デザイナー学院漫画学科

デビュー:2008年  『マガジンSPECIAL』に掲載された『orz』で漫画家デビュー

ジャンル:少年漫画

代表作『進撃の巨人』(累計発行部数1億部以上)

諌山さんは地元日田市のことが大好きだと話されています。

全国を回る形で行なわれた『進撃の巨人』展も、地元日田市で開催されていました。

地元に足を運ぶ人が少しでも増えれば…という、諌山さんの思いが込められていたのでしょうね。

諌山さんの実家は農家ですが、地元の農家全体の出荷量が減っている現状があります。

その為、地元の活性化につながればという思いから、2014年には日田市大山町で造られた梅酒を『進撃の巨人』コラボ梅酒として発売されました。

この梅酒はアメリカで行われた「世界リキュールコンテスト」で金賞を受賞し、とても美味しいと高く評価されています。

主な経歴

2006年 講談社のマガジングランプリに投稿した『進撃の巨人』で佳作を受賞

2008年 『HEART BREAK ONE』第80回週刊少年マガジン新人漫画特別奨励賞を受賞
『orz』にて第81回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選し、『マガジンSPECIAL』に掲載されて漫画家デビュー

2009年 『別冊少年マガジン』にて『進撃の巨人』の連載開始

2011年 『進撃の巨人』で第35回講談社漫画賞少年部門を受賞

諌山さんは少年マガジンでのデビューが決まる前に、週刊ジャンプに2度原稿を持ち込んでいました。

しかし、週刊ジャンプに「漫画の内容や世界観が合わない」と断られてしまったそうです。

当時の諌山さんの画力が低かったことも、断られた理由ではないかとも言われています。

諌山さん自身は画力ではなく、ストーリーを重視しています。

最近は画力が上がったと言われますが、諌山さんが意識している訳ではなく、書き続けた結果が画力アップにつながっているのだと思います。

諌山さんは読者から「ストーリーと伏線回収の天才」と言われていて、しっかり考えられたストーリーがあることが分かりますよね。

しっかりしたストーリーがあるからこそ、海外の方の心をも掴む大ヒット作になったのかもしれません。

諫山創は高年収で結婚相手の嫁も美人?イケメン進撃の巨人作者を徹底調査!まとめ

諌山さんは漫画を描く上での信念があり、今もその信念を大事にされています。

その信念がなければ、世界的大ヒット作『進撃の巨人』は生まれなかったかもしれません。

『進撃の巨人』がクライマックスを迎えていますが、諌山さんの今後の作品への期待が高まりますね。

スポンサーリンク
fam8本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする