福島由紀の出身中学高校は?経歴やバドミントンを始めたきっかけも

ザックス広告
福島由紀出身中学高校バドミントン

2018年、女子バドミントンダブルス世界ランキング1位に輝いた福島由紀選手ですが、出身中学高校やその経歴、バドミントンをはじめたきっかけなどが気になります。

今回は、福島由紀選手の出身中学高校やその経歴、バドミントンをはじめたきっかけなどについて詳しく調べてみたいと思います!

福島由紀の出身中学は?いつからバドミントンしてる?

2018年、女子バドミントンダブルスで世界ランキング1位に輝いた福島由紀選手ですが、いつごろバドミントンを始めたのでしょうか?

福島由紀選手は、熊本県八代市出身、1993年5月6日生まれの26歳です。

小学校は久多良木小学校出身で、6歳年上のお姉さんがバドミントンをやっていたこともあり、福島由紀選手も小学校2年生でバドミントンを始めます。

もともと頑固で負けず嫌いな性格であったため、お姉ちゃんに負けたくない一心で練習に取り組み全国小学生大会では見事に団体で準優勝、バドミントン・マガジンに初めて載ることにもなりました。

また、小学校時代には同じ小学校の1学年上の先輩で、同じく日本代表として活躍している田中志穂選手とペアを組むこともありました。

中学校は八代市立坂本中学校に進み、3年生の時には全国大会でベスト16に進出し、全国区で注目されるようになりました。

ちなみに全国大会の準々決勝では、1学年下で同じく日本代表選手の奥原希望選手に敗れています。

福島由紀選手は小学・中学時代から、ハイレベルな選手たちと戦ってきたのですね。

福島由紀の出身高校は?バドミントンで有名に?

中学校卒業後、福島由紀選手はバドミントンの強豪校である青森山田高等学校へ進学しましたが、1年生の時には思うような結果が残せず、インターハイのメンバーから外れるなどの挫折を味わうことになります。

しかし、負けず嫌いな福島由紀選手は決して諦めることなくひたすら練習に打ち込み、2011年高校3年生の時に出場した全国高等学校バドミントン選手権大会で、女子団体および女子ダブルスで見事に優勝しました。

さらに、同年U-19バドミントン日本代表にも選出され、中国で開催された世界ジュニア選手権において、同じ青森山田高校の篠谷菜留選手と出場したで女子ダブルスでベスト8進出を果たします。

バドミントン強豪校・青森山田高校時代も着実に実力を身に着け、福島由紀選手は世界の舞台で活躍するまでの選手に成長していきました。

福島由紀のその後のバドミントン経歴は?

青森山田高校時代からバドミントン界の次世代エースとして注目されていた福島由紀選手ですが、高校卒業後の2012年にはルネサステクノロジへ入社し、実業団選手としてのスタートを切りました。

それまで福島由紀選手はシングルスを中心に活躍していましたが、実業団に入ってからは主にダブルスとしての活躍が目立つようになりました。

2015年、ルネサスバドミントン部が再春館製薬所に譲渡されたことにより、福島由紀選手は全体移籍という形で再春館製薬所のバドミントン部に所属することになります。

同年、同じく再春館製薬所に所属する廣田彩花選手とコンビを組み、日本B代表としてグランプリ大会シリーズのスコットランドオープンへ出場し、見事に国際大会優勝を飾ります。

この優勝がきっかけとなり、それ以降も福島由紀選手・廣田彩花選手の「フクヒロコンビ」でダブルスの大会に出場するようになり、2016年にはニュージーランドオープンで優勝、全日本総合バドミントン選手権大会で準優勝しています。

二人の勢いはさらにとどまらず、2017年にはバドミントンスーパーシリーズのマレーシアオープン・女子ダブルスでスーパーシリーズ大会初制覇、同年の世界選手権で準優勝を果しました。

世界選手権バドミントン女子ダブルスで、メダルを獲得したのは実に40年ぶりの快挙であり、フクヒロコンビは国内にとどまらず、世界で注目されるようになりました。

福島由紀フクヒロで世界ランキング1位に!

輝かしい成績を残してきた福島由紀選手・廣田彩花選手のフクヒロコンビは、2018年のアジア選手権に出場、見事に優勝を果たしました。

こうして同年の女子ダブルスの世界ランキングでは、フクヒロコンビが初めて1位に輝き、リオオリンピックの高橋礼華選手・松友美佐紀選手の「タカマツコンビ」に続いて、東京オリンピックでのメダル獲得が期待されるまでに成長しました。

福島由紀の使用ラケットやシューズは?

福島由紀選手はどこのブランドのラケットやシューズ愛用しているのでしょうか?

調査の結果、福島由紀選手は現在「YONEX アストロクス88D」というラケットを使用していることがわかりました。

アストロクス88Dは、パワーある攻撃的スマッシュで相手を崩すというコンセプトのもと作られたラケットで、価格は25000円です。

福島由紀選手の現在の使用シューズについては、「YONEX パワークッション65Z2」であることがわかりました。

パワークッション65Z2は、高速プレーに瞬時に対応できるストレスフリーな履き心地を追求した「シームレスアッパー構造」を採用しており、定価は12000円です。

福島由紀選手はブラック/ブルーを愛用していますが、他にもホワイト/オレンジがあります。

今後バドミントンを本格的に始めたい人は、福島由紀選手使用モデルをチェックしてみるのも良いかもしれませんね。

福島由紀のライバルは?海外選手も!

現在、女子バドミントンダブルスの世界ランキングは日本勢がひしめいており、その中でトップ争いが続いている状態です。

福島由紀選手・廣田彩花選手のフクヒロコンビの最大のライバルは、2019年ランキング1位の松本麻佑選手・永原和可那選手の「ナガマツコンビ」です。

ナガマツコンビはお二人とも身長が170センチ以上あり、今最も世界で対戦が恐れられているコンビと言われています。

フクヒロコンビは、ナガマツコンビと全日本選手権の準決勝で対戦し勝利しましたが、2018年8月の世界選手権決勝では敗退しています。

フクヒロコンビのもう一組のライバルと言えばやはり、リオオリンピックの高橋礼華選手・松友美佐紀選手のタカマツコンビということになります。

2018年12月の全日本選手権決勝戦では、フクヒロコンビとタカマツコンビの世界ランキング1位と2位のペアによる頂上決戦となり注目を集めましたが、結果はフクヒロコンビ勝利を収めました。

その他世界ランキング7位には米元小春選手・田中志穂選手のコンビもおり、現在までどのペアが世界ランク1位になってもおかしくない状況が続いていて、東京オリンピック代表2枠はどのコンビに決まるのかが注目されています。

さらに、日本勢と最大の脅威となる海外選手としては、中国の陳清晨(チェン・チンチェン)選手・選手・賈一凡(ジャ・イーファン)選手コンビがあげられます。

日本勢が世界で活躍するまで長らくバドミントン界を牽引してきた陳清晨選手・賈一凡選手のコンビ、フクヒロコンビに敗れるまでは、世界ランキング1位の地位をキープしてきました。

また、これまでの対戦成績も、フクヒロコンビに6勝6敗、ナガマツコンビに4勝2敗、タカマツコンビには5勝4敗と、日本勢とほぼ互角の戦いを見せています。

東京オリンピックでは、国内・海外代表選手の中での激しい戦いが繰り広げられることは間違いないでしょう!

福島由紀のバドミントン観戦で楽しむコツは?

東京オリンピックを控え、ますます盛り上がりを見せるバドミントン界ですが、バドミントンの試合をより楽しむためのポイントを以下にまとめてみます。

バドミントンの基本ルール

まず楽しむためにおさえておきたい基本のルールですが、バドミントンでは、先に21点を取った選手が1ゲームの勝者になります。

多くの大会では、2ゲーム先取で勝ちが決定し、次のコマに進むことが出来ます。

点数が20点で並んだ場合はデュースとなり、21点先取とはならず、先に相手に2点差をつけるか、得点が30点に到達した方が勝者になります。

また、どちらか一方の選手が11点を取ったところで、1分間の休憩が与えられます。

試合観戦時の注意点

やはり実際に試合会場に足を運んでバドミントンの生の迫力を感じたいものですが、その際に注意すべき点をおさえておきましょう。

まずカメラ撮影ですが、バドミントンにおいては全会場全試合の共有ルールとしてフラッシュ撮影は禁止されています。

その他の撮影ルールは会場ごとに違いますので、事前に調べておくことをお勧めします。

また、選手がラケットを構えた際には、大きな声を出さないように注意しましょう。

ファンがかけた声で選手が驚いてしまい、プレーが仕切り直しとなることもあるので、ラリーが終わってから声援や拍手を送るようにしましょう。

コートエンドに座って応援する場合は、ラリーが終わるのを待ってから移動するようにしましょう。

バドミントン選手は動体視力が非常に良いので、少し動いているものが見えただけでも大きな妨げとなってしまう恐れがあるのです。

観戦する側もマナーをしっかり把握し、選手を気持ちよく応援していきましょう!

福島由紀と桃田賢斗が厳重注意!?真相は!

2018年、福島由紀選手と男子バドミントンシングルス世界ランキング1位の桃田賢斗選手に熱愛が報道されましたが、真相はどうなんでしょうか?

報道記事によると、同年5月に行われた日本代表強化合宿において福島由紀選手が抜き打ちのドーピング検査対象となっていましたが、福島由紀選手は早朝にもかかわらず自分の部屋に不在でした。

後で関係者が防犯カメラを確認したところ、福島由紀選手が桃田賢斗選手の部屋から出てくる姿が映っており、福島由紀選手は「話をしていただけ」と説明したそうですが、日本バドミントン協会から「誤解を招くような行動は慎むように」と注意されたとのことです。

この事件をきっかけに二人が真剣交際しているとの噂が流れましたが、その後の情報はありませんでした。

現在はお二人ともオリンピックを控え、恋愛に費やす時間はないのかもしれませんね。

しかし実力もルックスも抜群のお二人なので、とてもお似合いだと思います。

オリンピックが終わって落ち着いた頃に、また急接近!なんてこともあるかもしれませんね。

福島由紀のかわいい私服画像は?

福島由紀選手はご自身でインスタやtwitterなどはやっていませんが、多選手のSNS画像で確認できる私服がとてもかわいいと話題になっています。

シンプルなスタイルが好みなようですが、福島由紀選手はパッチリ二重でスタイルも抜群なので何を着てもお似合いです。

オフショット時は前髪をおろしていたり、おどけた表情を見せたり、ユニフォーム姿とのギャップにぐっとくるファンが多いようですね!

福島由紀の出身中学高校は?経歴やバドミントンを始めたきっかけも!まとめ

以上、福島由紀選手の出身中学高校やその経歴、バドミントンをはじめたきっかけなどについて詳しく調べてみました。

学生時代からメキメキと実力を見せ、金メダリストや中国人ライバルコンビにも打ち勝ち世界一にまで登りつめた福島由紀選手。

強豪がひしめく中、東京オリンピックではどのような活躍を見せてくれるのか、今から期待が高まります!

スポンサーリンク
fam8本文下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする